スマホで見つける、もっと可愛い私

YouTube Music Premiumを解約!できないときは?

YouTube Music Premiumを解約!できないときは?

「YouTube Music Premiumの解約方法が分からない…」と困っていませんか?

実はYouTube Music Premiumは、契約方法によって解約方法も異なります。

そのため、解約できずにどうしたらいいのかと困ってしまう人も少なくありません。

今回は、YouTube Music Premiumの解約方法や解約する際に知っておきたいことについて詳しく解説します。

Contents[OPEN]


YouTube Music Premiumを解約したい!知っておきたいこと

まずは、YouTube Music Premiumの解約を検討している方に、知っておいていただきたいことを4つご紹介します。

無料期間が終わると自動的に有料プランになる

YouTube Music Premiumの無料トライアルは、無料登録期間が過ぎるとそのまま有料プランへ移行します。

何の手続きもしないままでいると、YouTube Music Premiumから請求がきて驚くかもしれません。

YouTube Music Premiumの無料期間は、通常1ヵ月間です。

キャンペーンがあれば、3ヵ月間無料で使えることもあります。

契約された際の無料登録期間を今一度確認してみてください。

お金が掛かる前に解約したい方は、無料登録期間が終わる前に解約する必要があります。

解約のタイミングが遅れると、料金が請求されるので注意しましょう。

Youtube Music Premium解約後に使える機能と使えない機能

YouTube Music Premiumを解約すると、今まで使っていた有料プランの機能は使えなくなります。

使えなくなる主な機能は、以下の通りです。

  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • 広告なしで音楽が楽しめる

今までオフライン再生やバックグラウンド再生で音楽を聞いていたという方は、不便に感じるかもしれません。

ただし、以下の機能は無料版でも利用可能です。

  • 音楽を再生する
  • リミックスを流す

解約しても日割り計算されない

YouTube Music Premiumを解約しても、お金は日割り計算で戻ってきません。

返金を期待して解約を計画している方は、注意が必要です。

解約せずに一時停止する方法もある

解約するか判断に悩むという方は、一時停止を利用する方法もあります。

一時停止とは、定められた期間YouTube Music Premiumをお休みする機能のことです。

一時停止を利用した次の月から、料金の請求を止めることができます。

しかし一時停止期間中は、契約者やその家族はYouTube Music Premiumの機能を利用できません。

購入した音楽や動画がある場合、消えることはありませんが、聞いたり見たりすることはできません。

一時停止期間が終われば、再び利用できるようになります。

解約すべきか悩む方は、一時停止を利用してみてください。

不便に感じたという方は、利用の継続を検討すると良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。