スマホで見つける、もっと可愛い私

Dropbox(ドロップボックス)の評判は?デメリットやメリットを紹介!

Dropbox(ドロップボックス)の評判は?デメリットやメリットを紹介!

インターネット上に写真やファイルをアップロードして管理できるクラウドストレージサービスはたくさんありますが、なかでも人気なのがDropboxです。

Dropboxは、プライベートだけでなく学校やビジネスでも活用されているので、信頼できるサービスであることは間違いありません。

しかし、Dropboxにも利用する上で、いくつかデメリットが存在します。

今回は、Dropboxのデメリットについてチェックしていきましょう。

【Dropbox】ファイルのアップロードができない!対処法をご紹介

Dropbox(ドロップボックス)のデメリットは?

Dropboxには、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

大きく3つのデメリットをご紹介します。

Dropboxのデメリット

  1. 2GB以上使うには友達の紹介・有料プランへの加入が必要
  2. 容量の大きなファイルの更新に時間がかかる
  3. ファイルの復元に期限がある
Dropboxの挙動が重い!原因と解決方法を一挙解説

2GB以上使うには友達の紹介・有料プランへの加入が必要

最初のデメリットは、無料で利用できるストレージ容量が2GBしかないことです。

Dropboxに類似したサービスと比較すると、2GBがいかに少ないか分かります。

例えば、Google フォトやGoogle Driveでは、15GBまで無料で利用できます。

iCloud DriveとAmazon Cloud Driveは、無料で利用できるストレージ容量は5GBと少ないですが、それでも2GBのDropboxよりは多いです。

2GBしか無料で利用できないのは、Dropboxの大きなデメリットと言えます。

容量の大きなファイルの更新に時間がかかる

2つ目のデメリットは、容量の大きなファイルを同期するのに時間がかかることです。

とくに複数の動画をアップロードして同期させようとすると、かなりの時間がかかり、他の同期に影響が出る可能性もあります。

ファイルの復元に期限がある

3つ目のデメリットは、削除したファイルを常に復元できるわけではないということです。

ファイルの復元は期限内に行う必要があり、復元できる期間は、加入しているプランによって異なります。

Dropbox Basic、Plus、Familyプラン加入者の場合、復元可能期間は30日です。

Dropbox ProfessionalとBusinessの加入者の場合、復元可能期間は180日です。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。