スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Music】スマホにウィジェットを追加!操作方法を解説

【Apple Music】スマホにウィジェットを追加!操作方法を解説

この記事では、Apple Musicをもっと効率的に使える「ウィジェット」の追加方法と使い方について解説していきます!

ウィジェットを使うと、アプリを開かずに好きな曲が再生できるので便利ですよ。

初めての方でも簡単に追加できるので、ぜひ試してみてくださいね♩

【Apple Music】曲を連続・リピート再生できない!対処法をチェック

Contents[OPEN]


【Apple Music】iPhoneのウィジェットについて《特徴・追加方法》

まずはiPhoneのウィジェットとは何か、基本的な説明をしていきます。

ウィジェットの特徴から、端末での追加方法などをチェックしていきましょう。

そもそもウィジェットとは?

そもそもウィジェットとは、スマホのホーム画面上に設置できるショートカット機能のことです。

好きなアプリと連携して設置することで、そのアプリを開かなくてもアプリ内の機能が使えるようになります。

ウィジェットはいろんなジャンルのアプリで利用可能で、Apple Musicなどの音楽アプリでも問題なく使えます。

【iOS16】ロック画面をカスタマイズ!Lodgetyでかわいいウィジェットを作る方法♡

ウィジェットのサイズは3つ

iPhone版Apple Musicのウィジェットの大きな特徴は、サイズが3つ選べる点です。

ホーム画面の見た目やスペースを考えて設置できるのでとても便利ですよ。

こちらは一番コンパクトなウィジェットで、1曲単位で表示されます。

AppleMusic-iPhoneウィジェット最小

こちらは横に長い中型ウィジェットです。最近再生した曲のアートワークなどが1列で表示されます。

AppleMusic-iPhoneウィジェット中型

最後は、最も大きいサイズのウィジェットです。現在の曲に加えて最近再生した曲のアートワークが2行で表示されます。

AppleMusic-iPhoneウィジェット最大

他のアプリがホーム画面にたくさん置かれている場合は、小さめなウィジェットを設置でき、音楽メインで楽しみたい場合は、画面を半部以上占めるサイズを設置することもできます。

また、ウィジェットでは、カバーアートや曲名、アーティスト名がアプリの起動無しで確認できます。頻繁に音楽を聴く方にはかなりおすすめです。

音楽の再生・停止・曲のスキップができない

ホーム画面に配置できる便利なウィジェットですが、再生や停止などの細かい操作はできません。

音楽を再生・停止・曲のスキップを行う場合は、一旦Apple Musicを起動してから操作することになります。

iPhoneにウィジェットを追加する方法

では、iPhone版Apple Musicのウィジェットをホーム画面に追加する方法を紹介します。

  1. iPhoneのホーム画面上の空いている箇所を長押ししてください。
  2. iPhone画面上部に表示される「+」をタップしてください。
    他のアプリのウィジェットもこの部分から追加できます。
  3. ウィジェットを追加するアプリの選択画面になるので、一覧から「Apple Music(ミュージック)」をタップしてください。
  4. 先ほど紹介した3タイプのウィジェットが選べます。iPhoneのスペースやデザインを考慮して、使いやすいと思うサイズを追加しましょう!

以上の手順で追加したら、あとはホーム画面に表示されたウィジェットをタップして使うだけです。

【iOS16】iPhoneのロック画面・ホーム画面のカスタマイズ方法♡複数枚を設定・時計のデザインの変更方法も解説するよ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。