スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのバッテリー交換にかかる時間・値段の目安を紹介!即日修理も

iPhoneのバッテリー交換にかかる時間・値段の目安を紹介!即日修理も

iPhoneを使っていると、「充電の減りが早くなった」「iPhoneが突然落ちるようになった」と感じることはありませんか?

もしかすると、それはiPhoneのバッテリーの劣化が進んでいるからかもしれません。

今回は、iPhoneのバッテリーを交換できる場所や交換にかかる時間・値段をご紹介していくので、バッテリーの交換を検討している人はぜひ参考にしてみて下さい。

Contents[OPEN]


iPhoneのバッテリー交換の目安

iPhoneのバッテリーは寿命が約2~3年と言われていますが、これはiPhoneの使用状況によって異なってきます。

バッテリーの最大容量の数値で判断する

iPhoneでは、「設定」アプリからバッテリーの最大容量を確認できます。

最大容量:新品のバッテリーでフル充電したときを100%として、現在何%まで充電できるかを表したもの。

Apple公式では「80%」をバッテリーの交換目安としています。

以下の手順で最大容量を確認して、80%を下回っていた場合は新しいバッテリーに交換されることをおすすめします。

「設定」アプリを起動したら、「バッテリー」をタップします。

「バッテリー」をタップ

「バッテリーの状態」をタップしましょう。

「バッテリーの状態」をタップ

「最大容量」の数値を確認して下さい。

「最大容量」の数値を確認

ただ、80%という数値はあくまでもApple公式が定めた基準によるものです。

バッテリーの最大容量が80%異常であっても、iPhoneに以下のような症状が出るようになった場合は早めにバッテリーを交換されることをおすすめします。

  • バッテリーの減りが早い
  • バッテリーの充電に時間がかかる
  • iPhoneの突然の再起動・電源が落ちる

バッテリーの減りが早い

iPhoneをあまり操作していないのにバッテリーの減りが異常に早い場合は、バッテリーの劣化がかなり進んでいる可能性が高いです。

バッテリーが劣化するとフル充電しても、数時間後には10~20%まで充電が減っていることがあります。

これではiPhoneをがすぐ充電切になってしまうので、早めにバッテリーを交換するようにしましょう。

バッテリーの充電に時間がかかる

iPhoneのバッテリーが劣化すると、バッテリーの充電にもかなり時間がかかるようになります。

就寝前に充電を始めていれば、通常なら朝起きた時には充電が終わっていますよね。

ですがバッテリーの劣化が進んでいると、朝起きても充電が完了していないことがあります。

そうなると、外出中に充電がなくなってしまうこともあるので、早めにバッテリーを交換するようにして下さい。

iPhoneの突然の再起動・電源が落ちる

バッテリーが劣化すると十分な電力が供給されなくなり、iPhoneが突然再起動・電源が落ちるようになります。

最近再起動や電源が落ちる頻度が多くなった場合は、新しいバッテリーに交換されることをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。