スマホで見つける、もっと可愛い私

Bluetoothは複数接続できる?ペアリングとプロファイルの関係をチェック!

Bluetoothは複数接続できる?ペアリングとプロファイルの関係をチェック!

Bluetooh接続のワイヤれるイヤホンやマウスを使っていると、気になるのが「Bluetoothは複数接続できるのか?」ということです。

今回は「Bluetoothは複数接続できるのか?」や「複数接続する方法は?」などについて一緒にチェックしてみましょう♪

【Android】スマホ初心者さんいらっしゃい♪ 使い方から便利機能まで解説
バックグラウンドは確認してる?制限してはいけないアプリを知ろう!

Bluetoothって複数接続できるの?

Bluetooth接続において重要なのが「マルチポイント」と「マルチペアリング」です。

「マルチポイント」とは複数の機器に接続できる機能を指し、「マルチペアリング」とはペアリングが可能な機器を複数台登録する機能をそれぞれ指します。

Bluetoothを複数接続する場合、まずはこの2つの機能をしっかり覚えておく必要があります。

【Android】機能充実!スマートランチャーの使い方を徹底解説!

マルチポイントとは

マルチポイントとは、複数の機器へ接続することを可能にする機能です。

これだけ聞くと、マルチポイント機能さえ搭載されていればBluetoothで複数接続が可能だと思うかもしれませんが、そう簡単ではありません。

詳しくは、後述の「プロファイル」で解説します。

ここでは、マルチポイント機能が備わっていれば、複数の機器に接続できると認識しておきましょう。

また、Bluetoothを複数同時に接続すればするほど、接続環境が不安定になる点に気をつけてください。

マルチポイントの特徴

  • 複数台のBluetooth接続が可能となる機能

マルチペアリングとは

マルチペアリングとは、複数の機器とペアリングできる機能のことです。

ペアリングとは、パソコンなどの親機とマウスやイヤホンといったBluetooth対応の子機を接続する行為のことです。

ペアリングを行わないと、例えばBluetooth対応イヤフォンとスマホ2台があったとき、イヤフォンがどちらのスマホと接続すれば良いのか分からない状態になってしまいます。

これを防ぐため、また他人のデバイスとの接続を防ぐためにもペアリングは必要です。

通常、イヤフォンやマウスなどは1台のパソコンやスマホとのペアリング情報しか記憶できません。

しかし、マルチベアリング機能を搭載している機器なら、複数のパソコンやスマホとのペアリング情報を記憶できます。

例えば、1つのBluetoothイヤフォンに、iPhone、iPad、Androidスマホという3つの機器とのペアリング情報を記憶させておけば、使いたい機器を起動したとき、すぐBluetoothイヤフォンと接続できるといった具合です。

注意点としては、ペアリング情報は記憶していますが、同時に複数接続はできません。

マルチペアリングの特徴

  • 複数の親機とのペアリング情報を記憶できる
  • 同時に複数台と接続することはできない

Bluetoothで複数接続するには「プロファイル」に注目!

マルチポイント機能とマルチペアリング機能を使っても、複数台のBluetooth接続ができないことがあります。

それは、プロファイルが同一だった場合です。

AirPodsはAndroidでも使える♡使い方・ペアリング方法を解説

プロファイルとは

プロファイルとは、色々な設定が書き込まれたデータの集合体のことです。

例えば、イヤフォンとスピーカーはどちらも音声を出力する機能を持っています。

これは、音声をデータ化してイヤホンまたはスピーカーにデータを送信して、そこから再びデータを音声に変換して出力しているわけですが、「音を外に出す」という行為自体が似ていますよね?

簡単に言えば、この「音を外に出す」という設定がプロファイルです。

プロファイルには他にも、「映像を出力する」や、「スマホ間でデータを移動する」など様々な種類があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。