logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【あんスタ】オータムライブ終了! キセキ第2弾、ランボ真緒のボーダーは?

【あんスタ】オータムライブ終了! キセキ第2弾、ランボ真緒のボーダーは?

2017年10月25日、注目の奇跡イベント第2弾「軌跡★電撃戦のオータムライブ」が終了しました。新キャラに乱凪砂(CV諏訪部順一)と七種茨(CV逢坂良太)を迎えて開始されたキセキシリーズ第2弾。今回はランボに★5の真緒を迎えての戦いとなりました。アダムとトリスタはお互いにどのような影響を与え合ったのでしょうか?

関連:あんさんぶるスターズ!記事一覧

「軌跡★電撃戦のオータムライブ」の最終ボーダー

☆5衣更真緒ゲットのボーダー

あんさんぶるスターズ!

枚数(順位) ボーダー 前回※
1枚取り
(8,501位~11,000位)
2,766,265
pt
5,595,941
pt
2枚取り
(6,001位~8,500位)
2,889,140
pt
5,795,521
pt
3枚取り
(2,001位~6,000位)
3,311,955
pt
6,132,963
pt
4枚取り
(1位~2,000位)
6,362,230
pt
10,564,058
pt

※前回の数字は「祭典*秀麗のフルール・ド・リス」です。

☆4明星スバルゲットのボーダー

あんさんぶるスターズ!

枚数(順位) ボーダー 前回
1枚取り
(23,001位~35,000位)
1,243,560
pt
1,549,242
pt
2枚取り
(15,001位~23,000位)
1,451,209
pt
1,923,802
pt
3枚取り
(8,501位~15,000位)
1,928,331
pt
3,307,825
pt
4枚取り
(4,001位~8,500位)
2,889,140
pt
5,795,521
pt
5枚取り
(1位~4,000位)
3,616,347
pt
6,547,704
pt

☆3遊木真ゲットのボーダー

あんさんぶるスターズ!

枚数(順位) ボーダー 前回
1枚取り
(90,001位~220,000位)
7,835
pt
12,469
pt
2枚取り
(28,001位~90,000位)
447,338
pt
541,380
pt
3枚取り
(19,001位~28,000位)
1,340,580
pt
1,650,676
pt
4枚取り
(11,001位~19,000位)
1,591,218
pt
2,269,703
pt
5枚取り
(1位~11,000位)
2,766,265
pt
5,595,941
pt

ちなみに、今回は273,367位まで順位がつきました。

恒例の予想答え合わせ。キセキシリーズ第2弾は第1弾と変わらず低めの推移

ト

さて、『軌跡★電撃戦のオータムライブ』開始記事では私は以下のような予想をしていました。

開始時点
3,500,000~4,000,000前後
5日目時点
3,000,000~3,500,000前後
最終日14時半時点
最高でも3,100,000pt程度
※☆5の1枚取りライン

前回の『祭典*秀麗のフルール・ド・リス』で初めて凛月が初めてのランボを務めた直後に、真緒がランボ……。運営さんのメッセージが伝わってくるようです。

あんさんぶるスターズ!
こちらの凛月は過去イベント『祭典*秀麗のフルール・ド・リス』の報酬です

さて、では実際のボーダーはどのような結果になったかというと、こんな感じです。

2,766,265pt
※☆5真緒の1枚取りライン

3,000,000にはやはり乗りませんでしたね。最後まで真緒狙いで追い上げがあるんじゃないかと身構えていたんですが、そこまで高い値にはなりませんでした。

Eveとのサマーライブが2,583,624ptだったので、比較すると少し伸びていますが、キセキシリーズの場合はみんなストーリーに集中して過度なカード争奪戦になりにくいのかもしれません。

でも、2,000位の4枚取りボーダーは1枚取りボーダーを考えるとかなり高いですね。真緒狙いの方がみんな、本気で重ねるために頑張ってらっしゃったんだと思います。

参加人数は前回のフルール・ド・リスに引き続き多いですね。ブルゾンちえみさんのコラボキャンペーンの影響も大きいかもしれません。

Eveに負けず劣らずの個性★Adamにスバルまでが警戒心!

今回のプロデュースコースはスバル・真緒・凪砂・茨の4人でしたね。プロデュースコースのイベント会話はイベント中にしか見られないので、何回でも見たくなります。けれど、会話が発生するとその分時間も食ってしまうジレンマ……。

凪砂は大体予想ついてましたけど、やっぱりキャッチセールスにつかまるタイプの人間なんですね。でもあんなにオーラのある美形高校生をキャッチするセールスマンマジすごいと思います。

ト

ちなみに、私はこういう「なんで?」「どうして?」「なんのために?」って何でも深掘りしちゃう 面倒くさい 子供みたいに無邪気なキャラクターが大好きです! 研究や追及、学習に夢中になれる人って本当に心がきれいだと思うの。

ト

私みたいにメリット・デメリットで物事を分類してないと思うの………。でも茨はしてると思う…。

ト

茨はその辺りとても戦略的というか、頭の回転が速いですよね。でも相変わらずなんかめっちゃ笑ってましたね(笑)

▼全く貴重でない茨のあっはっはシーン集

ト

あっはっはを映そうとしたら茨が全く映らなくなってしまったのでちゃんとした一枚を。

ト

凪砂の話では、茨はスバルの話し方がツボに入ったようです。茨とスバルって一番絡みがなさそうだと思っていたので、驚きました! 『ホッケ~み』という言葉は私も積極的に使っていこうと思います。ね、バリ~?

ト

スバルのあだ名シリーズももうだいぶ慣れてきましたね。いつか呼称表をちゃんと作ってみたいものです。

ト

スバルは今回、あんずちゃんからAdam(というか茨)の対応を聞いて「危ない!」とぷんぷん怒ってくれました。これは密かな感動ポイントです。警戒心満載のスバル…トリスタのプロデューサーを大事に守ろうとしているのが愛おしいですね。

ト

一方で真緒の方は好戦的なシーンが印象に残りました。ライバルの存在は脅威にもなるけれど、良い刺激にもなります。磨きあい、輝きを増すアイドルたち。サンクチュアリじゃないですかね。

ト

ランボが連続した縁なのか、友情出演(?)する凛月。

ト

まだストーリーの方は読めていないんですが、キセキシリーズ第2弾も終わりました。私はこのシリーズ大好きなので、次回開催も楽しみに待とうと思います! 去年は11月初めにかけてハロウィンイベントだったけど、今年は何かな…?

関連:あんさんぶるスターズ!記事一覧
まさみ

この記事のライター
まさみ
子どものように無邪気で、子どものように残酷なキャラクターって大好きなんで凪砂はツボなんですが、今回プロデュースコースで触れ合ってみたら茨がいつでも笑っててなんだかすごく好きになってきました。茨のあっはっは集作る程度には。プラスの単純接触効果……あっはっは♪