『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone/Android】LINE通話を録音する方法!おすすめアプリも紹介!

【iPhone/Android】LINE通話を録音する方法!おすすめアプリも紹介!

無料で音声通話やビデオ通話が楽しめる、コミュニケーションアプリの「LINE」。

普段からLINE通話を利用されている方は多いと思いますが、通話の内容を録音したい時もあるでしょう。

実は、LINE通話は録音してデータを保存しておくことが可能です。

ですが、「LINE通話を録音するにはどうすれば良いのか」「録音すると相手にバレないか?」と色々疑問点もありますよね。

そこで今回は、LINE通話を録音する方法をご紹介していきます。

【iPhone/Android】LINE通話を録音する際のポイント

LINE通話を録音する際、「相手の許可は必要なのか?」「相手にバレるのか?」など色々疑問に感じることもあるでしょう。

ここでは、LINE通話を録音する際のポイントについて解説していきます。

録音するには相手の許可が必要?

LINE通話を録音する際、相手に黙って録音するのは違法にならないか心配だという方もいるでしょう。

ですが、相手に許可を得ず通話を録音しても違法ではないので、罰せられることはありません。

盗聴器を他人の家の中に仕掛けた場合だと警察に逮捕されることがありますが、それは盗聴自体が違法なのではなく、他の行為が犯罪に該当するからです。

他人の家に無断で侵入するのは「住居侵入罪」、電話回線に盗聴器つけた場合は「有線電気通信法違反」に該当します。

ただ、LINE通話は電話回線を使っていませんし、他人の家に侵入しているわけではないので、相手の許可なくLINE通話を録音しても問題はありません。

とはいっても、無断でLINE通話を記録するのはあまりおすすめできませんので、できるだけ相手の許可を取ってから行うようにしましょう。

録音すると相手にバレる?

LINEで通話の録音を始めた時、通話相手に録音しているのがバレないか心配ですよね。

ですが、相手に通知が届いてバレることはないので安心して下さい。

また、記録を開始した時の「ピッ」といった音も相手に聞こえることはありません。

録音データの使用上の注意

通話相手の許可を得なくても、通話を録音すること自体は違法ではありません。

しかし、録音したデータを勝手にSNSや動画サイトにアップロードした場合、プライバシーの侵害や名誉棄損にあたる可能性があります。

また、記録した通話内容をネタにして金品を要求したりすると、恐喝罪や恐喝罪などの犯罪行為にあたり、相手が被害届を出せば警察に逮捕される可能性もあるでしょう。

ですので、LINE通話の録音データの取り扱いには十分気を付けて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。