『かわいい』が生まれる場所。

Twitterの「問題が発生しました」とは?エラーの原因別に対処法を解説!

Twitterの「問題が発生しました」とは?エラーの原因別に対処法を解説!

140文字以内のツイートで世界中のユーザーと気軽にやり取りができる「Twitter」。

Twitterを利用している時やアカウントを作成しようとした時、なぜか「問題が発生しました」というエラーメッセージが表示されて先に進めなかった、なんて経験はありませんか?

そこで今回は、「問題が発生しました」と表示される原因や対処法を解説していきます。

Twitterで「問題が発生しました」と表示される原因《検索編》

Twitterでツイートを検索した時、「問題が発生しました」と表示されて検索できないことがあります。

では、検索時に起こるエラーの原因を詳しく見ていきましょう。

通信環境が良くない

Twitterでツイートを検索した時に「問題が発生しました」と表示される一番の原因は通信環境です。

具体的には以下の原因が挙げられます。

  • 端末のネットワーク接続が途中で切れている
  • トンネルや地下鉄の中などネットが繋がりにくい場所でアクセスしている
  • Twitterにアクセスが集中して繋がりにくい状況になっている

通信環境が不安定だと、正常にデータを送受信できない場合があるので、このようなエラーメッセージが表示されるのです。

そのため、まずは通信環境を改善してからもう一度Twitterにアクセスしてみましょう。

アプリの不具合

通信環境に問題がない場合は、Twitterのアプリに一時的な不具合が発生している可能性があります。

ツイートを検索した時に検索結果が表示されないなど、このような小さな不具合は頻繁に起こるものです。

この場合、アプリを再起動すれば直ることが多いので、エラーメッセージが表示された時は一度試してみて下さい。

Twitter側の不具合

アプリを再起動しても直らない場合は、ユーザー側ではなくTwitterのサーバーに不具合が発生しているかもしれません。

この場合、ユーザー側で対処できることは何もないので、システムの復旧が終わるまでしばらく待つしかありません。

なお、Twitterの公式アカウント(@TwitterJP)を確認すれば、Twitterのサーバーに不具合が発生しているか把握できるでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。