『かわいい』が生まれる場所。

iPhone用留守電アプリを使うには?キャリア留守電とどちらがお得?

iPhone用留守電アプリを使うには?キャリア留守電とどちらがお得?

iPhoneユーザーの方の中には、忙しくて電話が出れなかった時などに『留守番電話で伝言が聞けたらなぁ・・・』と思う方もいるのではないでしょうか。

ですが、残念ながらiPhoneには、留守番機能が備わっていませんよね。

では、iPhoneで留守電機能を使うためにはどうすれば良いのでしょう?

そこで今回は、iPhone用の留守電アプリや留守電機能を使う方法について調べてまとめました。

iPhoneで留守電機能を使うためには?

iPhoneでも固定電話やガラケーのような留守電機能を使いたいという方は多いと思います。

では、iPhoneで留守電機能を使うにはどうすれば良いのでしょうか?

伝言メモ機能がiPhoneには備わっていない

ガラケーや一部のAndroidのスマホには「伝言メモ機能」が備わっています。

これは、留守番電話サービスを利用しなくても、電話に出られない時に相手のメッセージを録音できる機能なのですが、残念ながらiPhoneには伝言メモ機能が備わっていません。

留守番電話アプリは存在するのか

iPhoneには伝言メモ機能が備わっていませんから、その代わりになる留守番機能を搭載したアプリがあれば便利ですよね。

ただ、現時点でiPhoneに対応している留守電アプリは、「スマート留守電」というアプリしか存在しません。

App Storeには数多くのアプリが配信されているのに、留守電アプリはほとんどないことにビックリした方も多いのではないでしょうか。

携帯キャリアの留守番電話サービスに加入

iPhoneで留守番電話機能を使いたいなら、docomo、au、SoftBankなど、回線契約されている携帯キャリアの留守番電話サービスに加入するのが一番手っ取り早いでしょう。

このサービスは伝言メモ機能とは違い、録音されたメッセージは携帯キャリアのサーバーに保存されるため、圏外や圏内問わずに電話を掛けた側は伝言を残すことができます。

docomoかauに契約している場合は、月額300円かかり、申し込みが必要になります。

SoftBankに契約している場合は、この機能を無料で使え、かつ申し込みも必要ありません。

IP電話サービスに加入して電話を転送する

携帯電話会社の留守番電話サービスを利用するには別途月額料金が必要になるところが多いため、留守電のためにわざわざお金を払いたくないという方もいるでしょう。

しかし、着信転送サービスであれば無料で使える携帯電話会社が多いです。

そこで、iPhoneで留守電機能を使うためのもうひとつの方法として、携帯キャリアの着信転送サービスと留守電機能付きのIP電話サービスを組み合わせて使う方法が挙げられます。

「IP電話サービス」とは、インターネット回線を利用して電話ができるサービスのことで、留守番電話や着信転送など、通話に便利な様々な機能が備わっています。

IP電話サービスに加入すれば、わざわざ携帯キャリアのサービスに加入しなくても、留守電を残すことが可能になります。

まず、携帯電話番号にかかってきた電話をIP電話に転送するようにして、そこでIP電話の留守電機能を使えば、留守電メッセージを残すことができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。