『かわいい』が生まれる場所。

【最新版】Twitterが重い原因とアプリ・ブラウザ別の対処法!

【最新版】Twitterが重い原因とアプリ・ブラウザ別の対処法!

Twitterを使っているときに急にアプリが重くなる、画面が固まるなどの症状が現れたことはありますか?

Twitterが重いと画像や動画が表示されなくなったり、タイムラインの読み込みが遅くなったりしてストレスを感じますよね。

実は、Twitterが重くなるのにはいくつか原因があります。

そこで今回は、Twitterが重い原因と対処法を詳しく解説していきます。

Twitterが重い・遅いと感じる症状

Twitterが重い・遅いと感じる具体的な症状は以下の通りです。

画像・動画の読み込みが遅い(表示されない)

Twitterの動作が重くなると、タイムライン上の画像や動画の読み込みが遅くなり、表示されるまでに時間がかかったり表示されなくなったりします。

画像や動画はデータサイズが大きいため、接続しているネットワーク環境に問題があると、Twitterのサーバーからデータをダウンロードできず、表示されないことが多いです。

タイムラインが読み込めない

Twitterが重くなると画像や動画の読み込みが遅くなるだけでなく、タイムラインも読み込めなくなります。

そのため、ツイートを投稿したにも関わらずタイムラインには反映されませんし、フォローしているユーザーの新着ツイートが閲覧できなくなります。

ツイート検索ができない

Twitterでツイートやハッシュタグを検索しようと思っても、検索結果が表示されるまでに時間がかかったり、「問題が発生しました」というエラーメッセージが表示されたりして検索できないことがあります。

いいねやRT、DM送信ができない

Twitterが重くなると、いいねやRT、DMの送信などのその他の機能も一時的に利用できなくなる場合があります。

このように、何らかの原因で動作が重くなると、まともにTwitterを利用できなくなってしまうので、早めに原因を突き止めることが大切です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。