『かわいい』が生まれる場所。

【WeChat】機種変更でのデータのバックアップの方法を知りたい!

【WeChat】機種変更でのデータのバックアップの方法を知りたい!

今徐々に人気を高めている「WeChat」というメッセージアプリを知っていますか?

実は、現在日本でもユーザーの数を増やしているアプリです。

そんな「WeChat」を使用し、いざ機種変更を行おうとしたらデータのバックアップの方法が分からない人が多くいるようです。

今回は、日本でも今後流行るかもしれない「WeChat」のバックアップ方法について紹介していきます。

Contents[OPEN]

【WeChat】機種変更の前に!微信ってなに?

「WeChat」とは、中国のIT企業であるテンセントという株式会社が製作したインスタントメッセージアプリの事です。

中国版では「微信」、海外向けには「WeChat」という名前で配信されています。

この「微信」という名前の意味は、中国語で、少ない文字数の手紙を指しています。

LINEのように簡単にメッセージが送れるのが特徴です。

日本ではまだまだ知名度は高くありませんが、中国やインド、インドネシアやマレーシアなど、中国近辺の国でポピュラーに使われているようです。

今回は、日本でも連絡の方法として導入している企業の数が徐々に増えている「WeChat」のバックアップ方法を説明していきます!

WeChat(微信)とは世界で12億人以上が使うアプリ!

「WeChat」は、世界では12億人以上インストールしている、最大規模の人気メッセージアプリです。

中国の方の日常メッセージは現在ほとんどが「WeChat」で行われており、「iPhone」「Android」「PC」ともに、利用することができるようです。

メッセージのやり取り・通話は無料!LINEみたい!

「WeChat」を使用して通話している画像

出典:WeChat公式

日本では主にメッセージをするときに、無料の「LINE」というアプリを使用している人が多くいます。

その「LINE」と「WeChat」は似ており、無料でダウンロードできるようです。

また、無料でメッセージをやりとりしたり、通話を行うことが出来ます。

ちなみに、LINEと同じく「WeChat」でも、お金をかければステッカーを購入することもできるようです。

モバイル決済などのサービスも!

WeChatPayの画像

出典:WeChat公式

2016年頃からスマートフォンを使用した決済方法の、モバイル決済が「WeChat」にも搭載されており、「WeChatPay」という名前でQRコードを読み込むことができます。

しかし、この「WeChatPay」機能は日本で搭載されておらず、中国、香港、南アフリカ、マレーシアで登録しているユーザーのみ自動的に表示されているようです。

データのバックアップが可能!移行方法が難しくない!

アプリやソフトにおいてデータのバックアップと言えば、PCやスマートフォンを使用してかなりの時間をかけて行う作業というイメージですよね。

しかし、「WeChat」のバックアップの方法はかなり簡単なんです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。