『かわいい』が生まれる場所。

【iCloudフォトライブラリ】どんな機能?使い方や注意点

【iCloudフォトライブラリ】どんな機能?使い方や注意点

Contents[OPEN]

マイフォトストリームの使い方

この機能を使ってiCloudに写真を保存するには、まず「iCloudフォトライブラリ」の設定をオフにする必要があります。

操作手順

  1. 「設定」を開いたら、「写真」をタップ。
  2. 「iCloudフォトライブラリ」(または「iCloud写真」)の設定をオフに切り替える。
  3. 端末内に元のサイズのデータをダウンロードする場合は「写真とビデオをダウンロード」を選択。
  4. 「マイフォトストリーム」の設定をオンに切り替える。

すると、「写真」の「アルバム」内に「マイフォトストリーム」というフォルダが作成され、今まで撮影してきた写真の全てがこのフォルダ内に保存されます。

なお、「iCloudフォトライブラリ」をオフにしようとした時に「iPhoneから削除」しか表示されないことがありますが、これは端末のストレージ容量が足りなくて元のサイズのデータをダウンロードできないのが原因です。

「iPhoneから削除」を選択してしまうと一部のデータが削除されてしまうので、念のため別の場所にデータのコピーを取ってから設定をオフにするようにしましょう。

iCloudフォトライブラリを活用して写真やビデオを管理してみよう!

iCloudフォトライブラリを有効にすれば、写真やビデオが自動的にアップロードされます。

アップロードされたデータはiCloud上に保存されるので、同じApple IDでサインインすればiPhoneやiPad、Macなど複数のデバイスから同一にライブラリにアクセスすることができ、写真やビデオを簡単に共有できるようになります。

また、端末のストレージの節約にも繋がるので、写真やビデオでストレージの容量が不足している方、複数のデバイスで管理したい方は、ぜひiCloudフォトライブラリを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。