『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】アプリのアイコンが消えた!復元の方法を紹介!

【LINE】アプリのアイコンが消えた!復元の方法を紹介!

「LINEのアプリがない!」と慌ててしまった経験はありませんか?

LINEアプリがスマホ画面から消えてしまうのには、色々な原因があります。

多くの場合は心再インストールなどで対処ができます。

また、仮にLINEが消えてしまった時に事前にメールアドレスやパスワードを設定しておくことで容易に復元できます。

今回は、LINEアプリが消えてしまう原因や対処方法などを解説していきます。

Contents[OPEN]

【LINE】アプリが消えた?まずはコレを確認!

LINEが消えてしまう原因は、とても単純なものが多いです。

焦らずにLINEアプリがいきなり消えてしまった原因を探るようにしましょう。それでは、LINEのアプリが消えてしまったときの原因と対処法について解説していきます。

アップデート中で一時的に消えているだけ

LINEアプリが消えている原因として考えられるものとして、アップデート中に一時的に消えてしまったことが考えられます。

LINEアプリがないと焦ってしまいますが、一時的なことなので、バックアップが完了したらまた元に戻ります。

アップデートをしたら一時的にLINEのアプリが消えてしまうこともあることを覚えておきましょう。

【Android】アップデートで一時的に消えたものが戻らなかった

Androidにて、アップデートして様子をみても元に戻らなかったケースもあります。なぜなら、Androidでは現在使用しているOSでは対応できないアプリは一時的に消えてしまう形になるからです。

Androidでアップデートが終わったにもかかわらず元に戻らないとしたら、OSが最新版かどうかを確認した方が良いでしょう。

OSが古くてアプリに対応していないのかも

先程も触れたように、端末のOSが古いこともAndroidにてLINEアプリが消えてしまう原因となります。

LINEにかかわらず、Android版で消えてしまったアプリがある場合は、今使っている「OSでは対応しきれないアプリである可能性があります。

【iPhone】機能制限がかかっているかも

iPhoneに関しては、お子さんがiPhoneを使うことを考えて機能の制限をかけることができます。

iPhoneを使っているお子さんにちょうど良いアプリのみをダウンロードできる大きなメリットがあります。

昨今はLINEの使用も低年齢化したことによって、お子さんに持たせているスマホのLINEアプリが消えてしまったケースがあるのではないのでしょうか。

対策としてはスクリーンタイム設定を変更する必要があります。操作方法は以下の通りです。

  • 「設定」をタップ
  • 「スクリーンタイム」をタップ
  • 1「スクリーンタイムをオフにする」をタップ

これで、かけられていた機能制限を解除することができました。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。