『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】映像だけ止まるのはなんで?原因は単純なことだった!

【YouTube】映像だけ止まるのはなんで?原因は単純なことだった!

Googleが提供する世界最大の動画共有サービス「YouTube」。

YouTubeを視聴している時、音声だけ流れるのに映像だけ止まってしまう不具合が起こることがあります。

せっかく動画を楽しんでいるのにそのような不具合が起こるとイライラしてしまいますよね。

では、そんな時は一体どのように対処していけば良いのでしょうか?

そこで今回は、YouTubeの映像だけ止まる時の原因と対処法をご紹介します!

【YouTube】映像だけ止まる原因は?

YouTubeを視聴している時に音声だけ流れて映像だけ止まってしまうのは、主に以下の5つの原因が考えられます。

  • 通信速度に問題がある
  • デバイス自体に問題がある
  • アプリやブラウザに問題がある
  • 画質・CPUが影響している
  • YouTube側に問題がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

通信速度に問題がある

YouTubeの映像が止まる原因としてまず考えられるのが、通信速度の問題です。

動画はデータの容量が大きいため、回線の利用者が多かったり速度制限にかかったりして、通信速度が低下していると映像が止まってしまうことがあります。

なお、YouTube視聴時に推奨されている通信速度は以下の通りです。

動画の画質 推奨されている通信速度
4K 20Mbps
1080p 5Mbps
720p 2.5Mbps
480p 1.1Mbps
360p 0.7Mbps
240p 0.5Mbps
144p 0.3Mbps

まずは、通信速度を測定できるサイトにアクセスして、現在接続しているネットワークの通信速度がどれくらいあるのか確認してみましょう。

もし、推奨されている通信速度よりも遅いようなら、Wi-Fiルーター設置位置を変更・再起動する、別の回線に乗り換えるなどして通信環境を改善して下さい。

デバイス自体に問題がある

映像だけ止まってしまうのは、デバイス自体に問題がある場合もあります。

スマホやPCはOSをアップデートした時や設定の変更時、長時間の使用で発熱した時など、何らかの原因で不具合が起こることがあり、その不具合が原因でアプリやブラウザの動作にも影響を及ぼすこともあります。

アプリやブラウザに問題がある

YouTubeのアプリやSafariなどのブラウザに問題があって映像が止まる場合もあります。

デバイスと同様に、アプリやブラウザには不具合やバグが付き物です。

特に、アプリやブラウザが最新版にアップデートされていない場合に不具合が起こりやすくなるので注意が必要です。

画質・CPUが影響している

YouTubeでは画質を自分で選択することができますが、自動で高画質に設定されている場合もあります。

画質が高くなるほどデータ容量が大きくなるので、通信速度が遅いと映像が止まったり、カクついたりすることが多くなります。

また、使用しているスマホやPCのCPU性能が低い、CPU使用率が高い場合も止まる原因になります。

そのため、機種が古い場合はCPU性能が高い最新の機種に買い替えるか、YouTube以外の他のアプリ・ソフトを終了させてCPUの使用率を下げてから視聴するようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。