『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube LIVE】初心者必見!ライブ配信の方法を紹介!

【YouTube LIVE】初心者必見!ライブ配信の方法を紹介!

芸能人だけでなく一般人でも、YouTubeで配信をはじめる人が増えていますよね。

YouTubeは編集した動画をアップするだけでなく、ライブ配信することも可能です。

今回の記事では、YouTube LIVEの配信方法についてご紹介します。

【YouTube LIVE】ライブの配信方法は?《準備編》

ライブ配信をするには、まず準備が必要です。

また、配信方法も2種類あるので違いについても確認していきましょう。

これから配信をしようと考えている方は要チェックです。

YouTube LIVEとは?

まずは、簡単にYouTube LIVEがどのようなサービスなのか確認していきましょう。

名前の通り、YouTube LIVEとは、YouTube上でリアルタイムの動画を配信できるサービスです。

ライブ配信を行うためには、いくつかの基準に合格する必要があります。

配信方法によっても基準が少し違うので、利用する前に確認しておきましょう。

無料で配信を行うことができ、逆に収益化できるのはメリットです。

また、配信した動画はチャンネル内に無制限で保存することができますよ。

WEBカメラ配信とエンコーダ配信って?

YouTube LIVEを配信するには、2つの方法があります。

「WEBカメラ配信」とは、PCに搭載されているもしくはPCに接続したカメラを利用して行う方法です。

スマホカメラでの方法は含まれず、スマートフォンの場合は「モバイル配信」と呼ばれています。

「エンコーダ配信」とは、複数のカメラ・マイクを使ってゲーム配信などを行う場合に、最適化するための専用アプリケーションを利用した方法です。

YouTubeヘルプには、ライブ認証を受けたアプリケーションが利用する端末ごとに紹介されています。

認証をしているだけでGoogleの製品ではありませんが、全く別のものを利用するよりも確実に安心して使うことができるでしょう。

どのようなことを配信したいかによって、環境を整えてくださいね。

配信に必要な物

配信に必要なものは2つです。

必要なもの

  1. 配信可能な自分のチャンネル
  2. カメラ

まずは、配信可能な自分のチャンネルがないとはじめることができませんよね。

あと、映像を映し出すためのカメラがあれば周辺機器の準備はOKです!

先ほどご紹介しましたが、モバイル端末(スマートフォンやタブレット)の場合は他にも条件があるので注意してくださいね。

特別に準備しないといけないものはないので、すぐにはじめることができますよ。

初心者の方は、PCに備え付けられているWEBカメラから始めると簡単にできるでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。