スマホで見つける、もっと可愛い私

Sleep Cycleで目覚めを快適に!睡眠のサイクルを把握しよう

Sleep Cycleで目覚めを快適に!睡眠のサイクルを把握しよう

毎日の睡眠の大切さがささやかれている昨今、いろいろと工夫して睡眠の質や時間を良くしようと頑張っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際のところ「睡眠が改善されて毎日スッキリ起きれるようになった!」という方は少ないです。

それもそのはず、専門家によると、睡眠改善というものは1日や1週間程度でどうにかなるものではないそうです。

睡眠改善をしたいなら、まず要所要所を「習慣化」することが急務になります。

そこで便利なのが「睡眠アプリ」です。

この記事では「Sleep Cycle」という、使用者の睡眠サイクルを分析して快適な目覚めを提供してくれるアプリをご紹介します。

このアプリを使うと、毎日の自分が寝付いた時間や起きた時間をアプリが検知して自動で分析、管理してくれます。

【Sleep Cycle】どんなアプリ?

まずは「Sleep Cycle」の簡単な説明をしていきます。

睡眠アプリは種類が多く機能もそれぞれで違うので、どれを選んだらいいのか迷ってしまうでしょう。

携帯アプリの中に、少しだけ使ってそのまま放置されている睡眠アプリはありませんか?

そうなってしまったということは、そのアプリはきっと「自分には合わなかった」のでしょう。

決して「自分には睡眠改善なんて向いてないんだ」なんて思ってはいけません。

睡眠アプリの多くは、自分でいろいろと設定して管理しなければならないのが面倒で、三日坊主になりやすいのがデメリットです。

更には、こういった健康系やモチベーション管理系のアプリというものは「相性」があり、人によって合うものと合わないものがあります。

そのため、自分に合ったアプリを探すのが重要なのですが、アプリを1つずつダウンロードして合う合わないを調べるのも面倒です。

そこでおすすめなのが「アプリが全部自動でやってくれる機能」を持ったアプリになります。

面倒な管理や設定を、ワンタップもしくは自動でアプリが行ってくれるのはとても便利で楽ちんです。

アプリに任せっきりなので相性度外視で誰でも続けられます。

この「Sleep Cycle」は、毎日の睡眠の深さや寝付いた時間などをアプリが分析して自動で管理してくれます。

また、集めたデータを元に、使用者が一番起きやすいレム睡眠の時間を狙って自動でアラームを設定してくれます。

「仕事で忙しくていちいち分析や管理なんてしてられない!」という方でも、これなら続けられそうです。

自分はただ寝て起きるだけでいいのですから、こんなに楽なことはありません。

音や動きで眠りを分析する

「Sleep Cycle」では、スマホの持つ加速度センサーを使って使用者の睡眠中の動きやいびきなどの音を分析、眠りの深さやレム睡眠とノンレム睡眠の時間をデータ管理してくれます。

1

分析の機能はアプリが自動で行ってくれるので、使用者がするのは「アラームをセットして寝る」だけで済みます。

レム睡眠を感知してアラームを鳴らしてくれる

このアプリの一番の目玉システムが「アラーム機能」です。このアラーム機能ですが、ただセットした時間に起こしてくれるだけではありません。設定したアラーム前後の一番眠りが浅いタイミングにアラームを鳴らしてくれます。

2

つまり、起床するのに一番気持ちのいいタイミングで起こしてくれるということです。二度寝防止にも打ってつけです。

睡眠リズムをグラフ化してくれる

加速度センサーによる睡眠の深さや睡眠サイクルのデータは、アプリ内でチェックすることができます。

一般の人でも見やすいグラフ形式で表示してくれるので、自分が普段どんな感じで睡眠してるのかを把握することが可能です。

万歩計機能を搭載している

その日の活動具合を万歩計機能で確認することができます。

実は、「その日にどれくらい動いていたのか」というのはその日の睡眠の質にとってとても重要なことです。

あまり動いてなくて疲れが少ない日と、忙しくて疲れがたまっている日とでは眠り具合が全然違います。

Sleep Cycleの万歩計機能ならそういったデータを取ることもできます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。