スマホで見つける、もっと可愛い私

PASMOをiPhoneで使う方法!移行や定期券の購入方法も解説

PASMOをiPhoneで使う方法!移行や定期券の購入方法も解説

さまざまな交通系電子マネーがありますが、もっとも使われているものの1つがPASMO。

SiocaがiPhoneで使えることは良く知られていますが、実は、PASMOも同じくiPhoneでの使用が可能です。

iPhoneにPASMOを取り込めばカードを持ち歩くこともないですし、なくしてしまう心配もありません。

また、残高が確認できるだけでなくその場ですぐにチャージもできるので、残高不足で使えない!という事態も防げるでしょう。

そこで今回は、iPhoneでのPASMOの使うための準備から使い方、そして注意点について解説します。

Contents[OPEN]

PASMOをiPhoneで使うには2つの方法がある

iPhoneでの利用においては、Walletアプリ・PASMOアプリのどちらでの手続きが必要です。

これらの概要について解説します。

「Wallet 」アプリから手続きをする

デフォルトで入っている「Wallet」というアプリを知っていますか?

これは、クレジットカードや交通系電子マネー、ポイントカードをひとまとめにして管理できるもの。

これを使って管理することで、財布からいちいちカードを取り出す手間がかからず、大変便利です。

このアプリからは、新規でPASMOを登録したり使用中のカード本体があればそれを移行することも可能です。

「PASMO」アプリをダウンロードして手続きをする

App StoreからPASMOアプリをダウンロードすれば、そこからも新規登録・移行が可能です。

新規登録の場合は記名・無記名が選択できます。

登録したカードはそのままApple Payに追加され、すぐに使えます。

WalletアプリとPASMOアプリの違い

上記の内容を見る限りでは、カードの新規登録・移行など、一見すると似たような機能だと感じるかもしれません。

しかし、実はこの2つには明確な違いがあるのです。

Walletで可能な手続きは、無記名の新規登録・移行・決まった金額のチャージ・定期券の継続購入です。

しかし、PASMOアプリであれば、それに加えて記名カードの新規登録・オートチャージの申し込みや設定・新規定期券の購入・変更・払い戻しなどが可能となります。

また、Walletで新規登録をすると最低でも1,000円をチャージする必要があるのですが、PASMOアプリでの登録もしくは事前にアプリをダウンロードした上でのWallet経由での登録なら、チャージは不要です。

反対に、移行はWalletでしか行えません。

PASMOアプリ内にも「移行」の項目がありますが、これをタップするとWalletが立ち上がる仕組みになっています。

総合的に見ると、手軽に使うならWalletのみ、さまざまな手続きを行いたい・0円チャージで発行したいのであれば、PASMOアプリを併せて使うのが良いでしょう。

POINT

  1. 手続きは、Walletアプリ・PASMOアプリどちらを使ってもOK
  2. それぞれのアプリでしかできない手続きもある

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。