スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterにおける著作権侵害って?無断転載に注意!ルールを守ろう

Twitterにおける著作権侵害って?無断転載に注意!ルールを守ろう

Twitterでは、画像やリンクを投稿する前に、どんな行為が著作権侵害に当たるのかということについて知っておく必要があります。

Twitterで著作権侵害をしないいために、また、著作権侵害をされないためにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事で基本的な著作権のルールを知って、安心してTwitterを利用しましょう!

【Twitter】著作権侵害に注意しよう

Twitterで著作権侵害をしないようにするには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

まずは著作権について知ることで、コンテンツの扱い方を覚えていきましょう。

まずはじめに!著作権とは?

著作権とは著作者に与えられる権利です。

「著作権法」は文化の発展を目的として、著作物を創作する者の権利を定めています。

インターネット上には、たくさんの画像や動画、文章、イラスト、音楽などが溢れていますが、その1つ1つは誰かが創意工夫をして制作した著作物です。

著作物にはそれを作った著作者がいます。この著作物に対して、著作者は権利を持っているのです。

著作者の許諾がない限り著作物は利用できない

第三者が誰かの著作物を利用したいときには、著作者の承諾が必要になります。

著作者の許諾がない限り著作物は利用できないと覚えておきましょう。

「著作権は手続きが難しいのでは?」「写真やイラストを使うとお金がかかるの?」と思うかもしれませんが、ここで大切なのは、著作者の許諾があるか否かです。

インターネットには「著作権フリー」としているサイトがある一方で、「無断転載はご遠慮ください」と明記しているサイトもあります。

著作権侵害にあたる無断転載に注意!

著作物を無断で転載することは、著作権侵害に当たります。

ここで一番気にしておきたいのは「転載」がいけないのではなく、「無断」がダメだということです。

たとえば有名な作家と知り合いで、その人物を紹介する文章をTwitterに投稿したいと考えたとします。

そんなときには「せっかくなのであの人の作品の画像も添付したいな」と思うかもしれませんね。

しかし、たとえ知り合いであっても、勝手に誰かの画像を無断で自分の投稿に利用してはいけません。

画像を利用したいときには、相手に確認するようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。