スマホで見つける、もっと可愛い私

【LINE Pay】本人確認の安全性を解説!銀行口座の登録は危険?

【LINE Pay】本人確認の安全性を解説!銀行口座の登録は危険?

LINEが運営するスマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」。 

簡単に登録ができ、スマホ一つで決済ができる便利さが魅力です。

「LINE Pay」は基本的な機能なら、本人確認なしで利用できるもの特徴ですよね。 

しかし、本人確認を行うとオートチャージや利用上限のアップなど、より便利に使えるようになります!

そこで、今回は「LINE Pay」の本人確認やその安全性について、詳しく解説していきます。

Contents[OPEN]

【LINE Pay】本人確認の安全性が知りたい!

LINE Payは規約に同意し、登録するだけで簡単にスマホ決済が利用できるサービスです。

しかし、本人確認を行うことで利用できるサービスが大幅に広がります。 

まずは、LINE Payの本人確認について、基本からおさらいしておきましょう。

まだ本人確認をしていない人、迷っている人はぜひ参考にしてくださいね!

本人確認制度とは

LINE Payでは、第三者による不正利用を防ぐために本人確認の制度を導入しています。 

アカウントと利用者を結びつけることで、なりすましで利用されてしまうことを防止する効果があります。 

また、本人確認を行うことでLINE Payの全ての機能が使えるようになることも特徴です。

本人確認後に使える機能

  1. 銀行口座からのチャージ・出金
  2. 銀行口座からのオートチャージ
  3. チャージ・決済金額の上限アップ
  4. アプリ上での友達への送金

もちろん、本人確認なしでも決済とチャージの利用は可能ですが、チャージ方法が限定されるなど不便な点もあります。 

安全性や使い勝手を考えると、本人確認をするのがおすすめです。

LINE Payではサービスを24時間365日監視している

LINE Payでは、専用のモニタリングシステムにより24時間365日体制で監視を行っています。 

送金依頼やチャージの頻度、アカウント作成時などの動きを監視し、不正が疑われるアカウントが自動でピックアップされる仕組みになっています。

それに加え、人の目でも24時間体制でモニタリングを行い、監視を強化しています。 

システムだと弾かれてしまうような、疑わしい動きも人間が見てくれているのは安心ですよね。

また、24時間体制でデータを監視しているので、万が一トラブルがあった際も迅速な対応が期待できます。

LINE Payに登録した情報は暗号化されている

LINE Payでは、登録した情報はすべて暗号化され管理されています。 

決済に使う口座情報や、クレジットカードの情報が送金先の友達や決済した店舗に知られることはありません。

暗号化システムは日本の情報セキュリティ基準ISO/IEC27001や、国際基準であるPCI DSSの最高レベルを満たすものとなっています。 

近年は海外からの不正アクセスも多いため、国際的な基準を満たしているのは信頼性が高いですよね。

銀行口座の認証情報は銀行が管理している

LINE Payでは本人確認に銀行口座を使うことができます。 

その銀行口座の認証情報は銀行が管理しており、LINE側では把握していません。

万が一、端末を紛失しても銀行口座の情報が流出することがないのは安心ですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。