スマホで見つける、もっと可愛い私

【Google フォト】フェイス グルーピングの使い方を解説!

【Google フォト】フェイス グルーピングの使い方を解説!

多くのスマホユーザーが利用しているクラウドストレージに「Googleフォト」があります。

写真の便利な「Googleフォト」には、人物ごとに写真を自動で分類してくれる「フェイス グルーピング」機能が付いています。

この記事で「フェイス グルーピング」機能の使い方を詳しく解説します。

Contents[OPEN]

フェイス グルーピングとはどんな機能なの?

毎日、スマホでたくさん写真を撮影すると心配になるのが、内部ストレージの空き容量です。

特にiPhoneユーザーはAndroidユーザーとは異なりSDカードを使いストレージを増やすことができないので、「iCloud」などのクラウドストレージやパソコンに写真を保存する必要があります。

利用できるクラウドストレージはたくさんありますが、iPhoneユーザーでもAndroidユーザーでも利用できるためにとても人気のあるクラウドストレージサービスがあります。

「Googleフォト」です。「Googleフォト」の魅力の1つに「フェイス グルーピング」機能があります。どんな機能でしょうか。

Google フォトで写真を探すときに便利な機能だよ!

「フェイス グルーピング」は、GoogleフォトのAI技術によって写真に写っている人物の顔の分析と識別を行い、識別した顔の人物が写っているすべての写真を集めて整理してくれる機能です。

この機能のおかげで人物ごとの写真の分類と整理を自動的に行えるため、写真の検索や管理が簡単に行えます。

具体的にどんな写真を探せるの?

「フェイス グルーピング」機能を使うと閲覧したい人物が写っている写真をすべてピックアップしてくれるので、探したい写真が簡単に見つけられます。

検索対象となるのは人物だけではありません。

ペットも対象に含まれているので、大切なペットが写った写真も簡単に検索できます。

さらに、撮影場所や被写体に絞って検索することも可能です。

ラベルを活用すれば便利に使えるよ

「フェイス グルーピング」機能でお目当ての写真を素早く見つけるために活用できるのが、「ラベル」機能です。

「Googleフォト」のAIは人物の識別と分類は行えますが、人物の名前を割り出すことはできません。

そのため、AIによって抽出された人物に「ラベル」を使って名前を付けてやれば検索がより簡単になります。

Googleフォトの「高画質・容量無制限」が変更される

便利なGoogleフォトの「フェイス グルーピング」を活用するために重要なのが、使用できるGoogleフォトのストレージ容量です。

これまでデバイスで共有する写真のサイズを「元のサイズ」に選んでいれば、15GBを上限として無料で利用できました。

「高画質」の場合は上限なく無料で共有できましたが、この方針が2021年6月1日から変更され「高画質」でも15GBの上限が適用されました。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。