スマホで見つける、もっと可愛い私

【LINE】既読つかないバグが発生!原因は?対処法を徹底解説!

【LINE】既読つかないバグが発生!原因は?対処法を徹底解説!

LINEでは送信したメッセージを相手が確認すると既読がつきますが、相手がメッセージを確認したのに既読がつかないバグが発生することがあります。

では、既読がつかないバグが発生したらどのように対処していけば良いのでしょうか?

今回は、既読がつかないバグが発生する原因や対処法について解説していきます!

【LINE】既読つかないバグが発生した!原因は?

LINEで既読がつかないバグが発生した原因としては、以下の3つが考えられます。

  • LINE側の不具合
  • スマホやアプリの問題
  • バグではなく相手側の問題

では、以上の3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

LINE側の不具合

LINEで既読がつかないバグが発生した時にまず考えられる原因としては、LINE側の不具合です。

Twitterなどで既読がつかないバグが同じタイミングで多数報告されている場合は、LINE側に原因があると考えて良いでしょう。

そうでなければ、自分もしくは既読がつかないメッセージを送信した相手側に問題がある可能性が高いです。

スマホやアプリの問題

LINE側に不具合が起きていないのに既読がつかない場合は、使用しているスマホやLINEアプリに一時的な不具合が起きているか、通信環境に問題がある可能性があります。

この場合は、スマホ・アプリの再起動やアプリのアップデート、通信環境の改善など自力で対処できる方法がいくつかあるので、対処法を試せばバグが解消されるかもしれません。

バグではなく相手側の問題

LINEや自分側ではなく、相手側に問題があって既読がつかないケースもあります。

仕事などで忙しかったり、スマホが壊れていたりして単にメッセージを確認できていないだけもしれませんし、「返信が面倒くさい」「相手の気を引きたい」といった心理的な理由で敢えて未読スルーしている可能性もあります。

他にも、相手にブロックされている、機種変更後にトーク履歴を復元できなかった、LINEアプリをアンインストールしたなどメッセージを確認できない理由は色々と考えられます。

このように、相手側に問題があって既読がつかない場合は、こちら側ではどうすることもできないので、相手がメッセージを確認するまでしばらく待つしかありません。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。