スマホで見つける、もっと可愛い私

スマホの偽警告に要注意!見分けるポイントや身を守る方法も解説

スマホの偽警告に要注意!見分けるポイントや身を守る方法も解説

iPhoneやAndroidを操作しているとときどき表示される「警告」は、「実は偽物」ということが多くあります。

一瞬焦ってしまいますが、心配することはありません。

この記事では、スマホで表示された偽警告を見分けるポイントやなぜ表示されてしまうのかといった原因、そして今後怪しい警告を防ぐための工夫まで一通り解説していきます!

どのスマホにも起こりうることなので、落ち着いて対処しましょう。

Contents[OPEN]

スマホの偽警告には注意して!

ト

まずは、偽警告に関する知っておきたい基本的な知識から解説を進めていきます。

スマホ端末を使っていて突然ポップアップが表示されたり、警告音が鳴ったりすることはありませんか?

何も知らない状況では、何かデバイスで問題は発生したと思って焦ってしまいますよね。

ですが、ほとんどの警告は偽物です。

現在の警告の特徴を以下2つのポイントに分けて見ていきます。まだ一度も遭遇したことがない方は、もしかすると近いうちに同じようなものに出くわす可能性がありますよ。

他人事とは思わずにインプットしておくことをおすすめします!

近年手口の巧妙化が進むスマホ詐欺

iPhoneやAndroid端末に突然出てくる警告は、手口がとても巧妙化されているのが特徴です。

そのため、何も知らない状態だと、本当にデバイスでトラブルが起きたと勘違いしてしまいやすくなります。

怪しく思われないように表示の外観やテキストなどがしっかり考えられているので、初心者の場合はよく分析しなければなりません。

すぐに本物だと信じて画面に書かれている指示に従うと、被害に遭う可能性が高くなってしまいます。

偽警告は詐欺と見分けがつきにくい

偽物の警告は、ブラウザの利用中に多く見られます。

例えばSafariやGoogle Chromeを起動している方は注意が必要です。

ほとんどが詐欺目的の警告なので、書かれている内容は嘘と考えて良いでしょう。

しかし、見分けがつきにくいのも事実です。

存在するサイトなどを模したものがあったり、個人情報流出で恐怖を煽るものがあったりさまざまな細工がなされています。

信じ込み詐欺被害に遭う前に何としても防ぎたいところですね!

スマホの偽警告を使った詐欺って?

ト

ここからはもう少し詳しく説明していきます。

そもそもスマホの偽警告を使った詐欺とは一体何なのでしょうか?

「詐欺」なので、警告通り行動してしまうと何らかの被害に遭うことは分かりますよね。

そうなる前に以下の2つのポイントを覚えて避けられるようにしましょう。

警告メッセージで驚かせ金銭を搾取する詐欺

1つは、警告を表示させて金銭を搾取するものです。

一つの例として挙げられるのが、iTunesカードやAmazonギフト券を購入して、記載されているコードを送信させられる手口です。

焦ってしまうと買うだけで問題が解決できると勘違いしてしまうので、注意してください。

文章にはやはりユーザーの不安を煽るメッセージが書かれているので、初めて経験した方は一旦落ち着いて考える余地を与えてくれません。

ですが、事前に知っておくと落ち着いて行動できるようになるのは間違いありません。

何らかの指示でお金を払ってしまった場合には、その後戻してもらうのは困難です。

そのため、振り込みなどを求められても応じないようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。