スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhone 11を使いこなすおすすめ設定10選!片手で快適操作

iPhone 11を使いこなすおすすめ設定10選!片手で快適操作

実は、iPhone 11には、意外と知られていない便利機能がたくさんあります。

この記事では、そんなiPhone 11で使える便利なショートカット機能やおすすめの設定項目、片手でもできる操作設定について解説していきます。

高性能なデバイスなので、検索やゲームアプリ、電話だけで終わらせてしまうのはもったいないです。

普段から肌身離さず持っているからこそ、使いこなせるようになりましょう♪

Contents[OPEN]

iPhone 11の基本情報

まずはiPhone 11の基本性能について解説します。

iPhone 11を持っている方も、これから機種変更しようと考えている方も、まずは基本スペックを把握しておきましょう!

iPhone 11にはどんなモデルがある?

iPhone 11と言っても、いくつか種類があります。

iPhone 11のモデルは全部で3種類です。

iPhone 11はモデルによって、スペック・価格に多少の差があるので、購入するモデルは慎重に選びましょう。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

以上のラインナップがあります。

まずは「iPhone 11」ですが、比較モデルの中で一番価格が安価なのが魅力で、「アプリやゲームもそこそこくらいで十分」というカジュアルユーザーにおすすめです。

次に「iPhone 11 Pro」は、高性能ですが、使い方や操作は通常と全く同じです。さまざまな面で性能が高い、ハイスペックモデルです。ただしその分価格も高めになっています。

最後に「iPhone 11 Pro Max」は、iPhone 11 Proよりも更に高性能なiPhone 11のハイエンドモデルです。他のモデルよりもディスプレイが大きく、片手操作は難しめとなっています。

モデルによってスペックに差があるとはいえ、iPhone 11でもスマホデバイスとしてはかなり高性能な部類です。

iPhoneをフル活用するような用途や仕事でもない限りは、iPhone 11という選択で問題ないでしょう。

「安いのはなんか不安だから…」とiPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxを選んでも、オーバースペックで性能を持て余してしまうだけです。

iPhone 11のスペックは?

iPhone 11の基本スペック表です。

記載しているのはオーソドックスなモデルのiPhone 11のスペックを表示しています。

容量 64GB・128GB・256GBの3種類
サイズ 高さ150.9mm・幅75.7mm・厚さ8.3mm
重量 194g
チップ A13 Bionicチップ・第3世代のNeural Engine
防沫・耐水・防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2mで最大30分)
電源とバッテリー ビデオ再生17時間・ビデオ再生(ストリーミング)10時間・オーディオ再生65時間

iPhone 11にはどんな新機能がある?

新しいシリーズが発売される度に性能が格段にアップするiPhoneですが、実はiPhone 11ではそこまで大幅なスペックアップはありませんでした。

しかし、スペックの代わりに新機能がたくさん追加されています。

特にiPhone 11の発売当初、話題になった新機能が「デュアルカメラシステム」です。

従来のiPhoneのカメラよりも性能が格段にアップしており、より質の高い写真や動画を撮影することが可能になりました。

カメラ性能が話題に上げられたことで隠れがちですが、iPhone 11には他にもたくさんの新機能が追加されています。

「背面タップ」「Face ID」「QuickTake」などが代表的です。

機能の詳細は後程説明します。

初期設定で便利に使いこなそう!

iPhone 11の初期設定をデフォルトのままで使っている方も多いのではないでしょうか。

確かにデフォルトのままなら不具合や予期せぬ動作などのトラブルが起きにくいですが、きちんと理解して設定すれば一気に便利になります。

iPhoneの設定項目には、便利だけれどデフォルトではオフになっている機能もたくさんあります。

iPhone 11を購入した箱にある説明書を読んだり、現在のiOSバージョンでできることを検索して、新しい機能を設定してみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。