スマホで見つける、もっと可愛い私

AirPodsあるある!失くしたときの探し方を解説!ケースは?

AirPodsあるある!失くしたときの探し方を解説!ケースは?

Appleの小型ワイヤレスイヤホンの「AirPods」。

AirPodsを使えばケーブルのわずらわしさから解放されて快適に音楽を聴けますが、耳から落ちてしまったり、どこかに置き忘れたりして紛失してしまう可能性が高いです。

AirPodsは数万円もする高価なものなので紛失した時のショックが大きいですが、実はある方法で紛失したAirPodsを探すことができます。

そこで今回は、AirPodsを失くしたときの探し方について解説していきます!

Contents[OPEN]

AirPodsの探し方は3通り!

失くしてしまったAirPodsの探し方は以下の3通りあります。

  1. 音楽を大音量で再生して探す
  2. 位置情報を確認して探す
  3. 音を鳴らして探す

では、AirPodsの探し方をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

音楽を大音量で再生して探す

1つめの方法は、音楽の音を大音量にしてAirPodsを探すというものです。

まずは、AirPodsとBluetooth接続しているiOSデバイスのメディア音量を最大にします。

そしたら、音楽アプリで音楽を再生して耳を澄ませましょう。

AirPodsがすぐ近くにあれば、音楽の音を頼りに見つけ出せる可能性があります。

ただし、iOSデバイスの音楽をイヤホンに流すにはBluetooth接続が必須なので、自宅など近くで失くしてしまった時しかこの方法は試せません。

位置情報を確認して探す

2つ目の方法は、「探す」アプリやブラウザ版の「探す」でAirPodsの位置情報を確認して探すというものです。

「探す」では、iOSデバイスと同じApple IDにサインインしているApple製デバイスの位置情報を確認することができます。

AirPodsもiOSデバイスとペアリングされていれば、外出先で紛失してしまっても、手元のiOSデバイスの「探す」アプリを使って位置情報を確認できます。

音を鳴らして探す

3つ目の方法は、「探す」アプリやブラウザ版の「探す」で音を鳴らして、その音を頼りにAirPodsを探すというものです。

「探す」を開いて音を再生すると、AirPodsのイヤホンから「ピピピピピ…」という音が流れるので、それを頼りにAirPodsを探すことができます。

ただし、音を鳴らして探す方法は、先ほどご紹介した「音楽を大音量で流す方法」と同様にiOSデバイスとAirPodsがBluetoothで接続されている時のみ使える方法です。

Bluetooth接続が解除されている場合は音が鳴りません。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。