スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのiMessageがSMSで送信される!?理由と対処法♪

iPhoneのiMessageがSMSで送信される!?理由と対処法♪

「iMessage」とは、Apple独自のメッセージ機能のことです。

iPhoneの「メッセージ」アプリでAppleデバイス宛にメッセージを送信すると、「iMessage」として送信されます。

しかし、何らかの理由でiMessageではなく「SMS」として送信されてしまうことがあります。

今回は、iPhoneでiMessageの送信がSMSになる理由と対処法について解説していきます!

Contents[OPEN]

【iPhone】iMessageの送信がSMSになる!理由を知りたい!

Appleデバイス同士ならiMessageとしてメッセージが送信されますが、何らかの理由でSMSとして送信されてしまうことがあります。

まずは、iMessageとSMSの違い、iMessageがSMSになってしまう理由を詳しく見ていきましょう。

iMessageとSMSの違いとは

iPhoneの「メッセージ」アプリでは、以下の3種類のメッセージ機能が利用できます。

  • iMessage
  • SMS
  • MMS

今回は、「iMessage」と「SMS」の違いについて解説していきます。

「iMessage」とは、iPhone・iPad・iPod Touch・Mac間で利用できるApple独自のメッセージ機能です。

デバイスでサインインしているApple IDの登録電話番号・メールアドレスを指定してメッセージをやり取りできます。

iMessageでメッセージを送信すると、メッセージの吹き出しが青色で表示されます。

メッセージの吹き出しが青色で表示

「SMS」とは、ガラケー時代から使われてきたメッセージ機能で、メールアドレスの代わりに携帯電話番号を宛先に指定して送信します。

SMSでメッセージを送信すると、メッセージの吹き出しが緑色で表示されます。

メッセージの吹き出しが緑色で表示

このiMessageとSMSには、指定できる連絡先や使用回線、料金など様々な違いがあります。

以下の表はiMessageとSMSの違いをまとめたものになります。

iMessage SMS
指定できる連絡先 Apple IDに登録されている電話番号・メールアドレス 電話番号
使用回線 インターネット回線 電話回線
送受信料金 送信:無料
受信:無料
送信:有料(1回あたり3円)
受信:無料
文字数制限 なし 全角670文字まで
件名 追加できる 追加できない
送信できるメッセージ内容 テキスト、絵文字、写真、動画 テキスト、絵文字

iMessageはインターネット回線を使って送受信するので、定額プランに加入していれば無料で利用できます。

一方、SMSは電話回線を使用するので、電話をかける時と同じように送信側のみ料金が発生します。

本来であればiMessageで送信できるのに、SMSになってしまうと無駄に送信料金を負担しなければならないので、それを防ぐためにもなぜSMSになってしまうのか理由を確認していきましょう。

送信者のiMessageが正常に機能していないのかも

iMessageがSMSとして送信されてしまうのは、「送信者のiMessageが正常に機能していないこと」が理由として考えられます。

iMessageが正常に機能しない原因としては以下が挙げられます。

  • メッセージの設定でiMessageがオンになっていない
  • iMessageで使用する電話番号・メールアドレスが正しく設定されていない
  • インターネットに接続されていない・接続が不安定になっている
  • iMessageのシステムに障害が発生している

iMessageの送信がSMSになる時は、まずメッセージの設定や通信環境に問題がないか確認してみましょう。

相手がiMessageを使えないとSMSになるよ

こちら側に原因がなくても、送信相手側でiMessageが正常に機能していない、そもそもiMessageに対応していないデバイスを使っている場合は、iMessageの送信がSMSになってしまいます。

設定や通信環境を見直してもSMSで送信されてしまうようなら、送信相手にメッセージの設定や通信環境に問題がないか確認してもらいましょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。