スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterの永久凍結って何?見分け方や解除方法を解説

Twitterの永久凍結って何?見分け方や解除方法を解説

Twitterの利用を楽しんでいる方は多いと思いますが、ユーザーを誹謗中傷などの危険から守るために、Twitterがルールを設けていることを知っていますか?

ルール違反者には段階的にペナルティが課されていきますが、その1つが「永久凍結」です。

そこで今回は、「永久凍結」の見分け方や解除方法を解説します。

【Twitter】永久凍結って?見分け方を紹介するよ!

ある日突然、自分のTwitterアカウントにアクセスできなくなったら驚きますよね。

Twitterユーザーの中には自分が気づかないうち、にアカウントが凍結されて使えなくなった人がいるんです。

原因は、誹謗中傷などの危険から利用者を保護するためにTwitterが設けたルールに違反したからなんです。

ルール違反者に課すペナルティの1つが、この記事で紹介する「永久凍結」なんですが、ペナルティには他にも「凍結」があります。

ここでは、「永久凍結」と「凍結」の違いを説明していきます。

Twitterの「凍結」とは?

まず「凍結」がどんなペナルティなのかをおさらいしていきましょう。

Twitterルールに違反した利用者に「凍結」というペナルティが課せられると、違反者は自分のアカウントの利用ができなくなります。

そのため、他人のツイートの閲覧、ツイートの送信、「いいね」などのすべてが行えなくなります。

でも違反者のメールアドレスや電話番号による認証など特定の指示に従えば、「凍結」は解除されます。

「凍結」というペナルティが課される原因や解除方法について知りたい方は、コチラの記事をチェックしてくださいね!

Twitterで凍結される理由を解説するよ!アカウントを削除する方法も紹介

じゃあ「永久凍結」ってなに?

「永久凍結」は、Twitterが違反者に課す最も厳しいペナルティで、アカウントの「凍結」と「解除」を何度も繰り返し、違反行為をやめる気配がないと判断されたときに課せられます。

「永久凍結」というペナルティが課せられると、違反者のTwitterアカウントは永遠に使用できないようになります。

「永久凍結」された違反者は閲覧対象から完全に削除されるため、世界中のTwitterユーザーは違反者のアカウント検索も、投稿コンテンツも閲覧できなくなります。

違反者はTwitterから永久追放されるため、新しいアカウントを作ろうとしてもTwitterによって拒否されます。

「凍結」と「永久凍結」の見分け方

「凍結」と「永久凍結」の違いはこれで分かりましたよね。

自分がTwitterから「凍結」というペナルティを課されたのか、それとも「永久凍結」というペナルティを課されたのかを判断する方法は、自分のアカウントにアクセスすると表示される警告文を見れば分かります。

「凍結」の場合は「ご利用のアカウントはロックされました」と表示されますが、「永久凍結」の場合は「ご利用のアカウントは永久凍結されています」と表示されます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。