スマホで見つける、もっと可愛い私

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

Google Chromeブラウザを使っていたら、突然「データ侵害により、パスワード情報が漏洩しました」といったメッセージが表示されたことはありませんか?

メッセージの内容は状況によって少し異なりますが、「データ侵害」や「漏洩」といった言葉のせいで「自分のPCがウイルスに感染したのでは…?」と焦る方も多いはずです。

そこでこの記事では、このポップアップメッセージの意味と、表示を消す方法について解説していきます。

表示自体を未然に防ぐコツもあるので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。


【Chrome】「データ侵害で漏洩」がポップアップ!これって何?

はじめに、「データ侵害で漏洩」の意味を解説していきます。

いつものようにブラウザでネットをしている時に、突然こういったポップアップが出てくると焦ってしまいますよね。

特に、今まで一度も見たことがなかった人は、「一体何のことだろう」とビックリするはずです。

Chromeを使っていると以下の画像のような警告が表示されることがあります。※ポップアップのメッセージは状況によって少し異なります。

G-警告

【注意】Chromeからの警告です!

まずは何よりも、このポップアップはGoogle Chromeからのれっきとした警告なので、出てきたら安易に無視しないようにしましょう。

主に、Chromeブラウザでどこかにログインしようとした時に「パスワードを確認」というボタンと共に表示されます。

このポップアップが出てくる原因は、今使っているIDやパスワードが今後誰かに悪用されるかもしれない危険性があるからです。

「データ侵害で漏洩」の意味は?正確な内容を解説!

では、「データ侵害で漏洩」とは一体どういう意味なのでしょうか?

簡単に言うと、「今、サイトのログインに使っているアカウントのパスワードにリスクがあり、継続的に同じものを使うことはおすすめできない」という意味が含まれています。

「データ侵害」や「漏洩」という言葉を目にしてしまうと、どうしても危険な感覚になりがちですが、実は、既にパスワードが悪用されているわけではありません。

ただし、「○○の侵害により、パスワード情報が漏洩しました」などの明確なメッセージがある場合は、Google Chromeが独自に入手した漏洩リストにあなたが使っていたパスワードが載っていたことを意味するので、早めに変更した方が良いでしょう。

その他、昔から同じ文字列のパスワードを継続的に使ってきた場合や、他のアプリサービスで同じものを使い回ししている場合などに表示されることがあります。

また、過去に不審なアクセスなどが検出された履歴のあるパスワードの変更を促す意味もあります。

このように、このポップアップはハッキングされたことをリアルタイムで知らせるものではありませんが、できればパスワードを新しくした方が良いでしょう。

具体的な対処法は?

もしこのポップアップが自分のChromeに出てきたら、どのように対処すればよいのでしょうか。

対処法はとても簡単です。

警告が出てきたパスワードを変更するだけで解決します。

ただ、いくつかのサイトで同じパスワードを使っているのであれば、全てのサイトで変更することがおすすめです。

全て変えなければ、同じパスワードを使い回していることが推測され、不正アクセスを生んでしまう可能性が高くなります。

すぐに変えなくても問題ありませんが、Google Chromeとしては「積極的に変えてほしい」というメッセージが込められています。

時間に余裕のある方や、それでも不安だという方は変えてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。