スマホで見つける、もっと可愛い私

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

その時点でウイルス感染・サイバー攻撃にあっているわけではない

また、Chromeで正しい警告があったからといって、必ずしもその時点でウイルス感染やハッキングなどにあったわけではないというのも覚えておきましょう。

焦ってウイルス駆除ソフトを購入したり、相談したりする必要はないでしょう。

ただし、PCで目に見えておかしい挙動が見られたり、クレジットカードなどが不正利用された場合などは、一因となっている可能性が高いので、すぐに対処することをおすすめします。

「今見ているサイトで不正アクセスされた」のではない

もう1点知っておきたいことがあります。

それは、ポップアップが出た時点で閲覧していたサイトで問題が起こった訳ではないということです。

Chromeを今まで使ってきた閲覧データなどから分析して警告するので、リアルタイム警告とは異なります。

リアルタイムで警告してくれる機能がほしい場合は、ウイルス監視ツールなどセキュリティ系ソフトを別に導入することをおすすめします。

繰り返しになりますが、誰にでも表示される可能性のあるものなので、そこまで焦る必要はありません。

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の警告が出ないようにするには?

最後になりますが、ここではChromeブラウザで警告を未然に防ぐためのコツを紹介します!

表示が出てから対処しても問題はありませんが、普段から意識していると、変更作業などの手間がかからないのでおすすめです!

普段から意識したいポイントを全部で3つピックアップしました。

安全なパスワードを作るコツ

1つ目は、安全なパスワードを意識して作ることです。

パスワードは複雑であればあるほど安全性がアップします。

英語だけで設定するのではなく、大文字や小文字をバラバラに組み合わせてみても良いでしょう。

できれば数字や記号も併せて使うとリスクを軽減できますよ。

複雑なパスワードにすると、覚えにくいのでデメリットに感じるかもしれませんが、今ではパスワード管理アプリなど、うっかりを防げるツールも存在するので活用してみてください。

長い文字列で、かつ英数字、記号を網羅したものであればOKです!

セキュリティ的な意識が高いサイトでは、大文字、小文字、数字、そして記号のすべてを組み合わせなければならない場合もあります。

一方で数字と英語しか使えないサイトもあるので、仕様に合わせて最善の文字列を作りましょう。

長く使っているパスワードは変更しよう

2つ目は、長く使っているパスワードを変えることです。

長期間使えば使うほど、不正アクセスなどのリスクが高まります。

定期的に変える日を決めると良いでしょう。

Googleのアカウント管理ページではパスワードがいつ変更されたか表示されているので、目安にしてみてくださいね。

パスワードの使い回しはやめよう

3つ目は、パスワードを使い回さないということです。

1つのサイトで登録されているものと全く同じ文字列を使って、別のサイトでも活用するのはおすすめできません。

効率的ではありますが、1つ見抜かれてしまうと、全てのサイトでハッキングされてしまいます。

サイトごとに別々のパスワードを使うのは確かに手間がかかりますが、不正アクセスされてカード情報が抜き取られてしまったあとのリスクを考えると、やはり念入りに設定した方が良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。