スマホで見つける、もっと可愛い私

気になるnoteの評判をまとめてみたよ!使いたい人は必見♪

気になるnoteの評判をまとめてみたよ!使いたい人は必見♪

Contents[OPEN]

noteの評判のポイント!特徴的な機能を見てみよう!

ト

noteの基本的な点を理解できたら、次に特徴的な機能を詳しくチェックしましょう。

noteは独自コンテンツや機能の幅などから、多くの方から評判を得ています。

では実際、どのような点が評判なのでしょうか?

ここでは、全部で4種類の魅力的機能をそれぞれ解説します!

ペイウォール方式

評価ポイント1つ目は、「ペイウォール方式」です。

少し難しい用語ではありますが、簡単にいうと有料化できる機能を指します。

コンテンツを購読者限定にするなどで、自分に収益が発生するような設定にできる機能です。

有力な内容の記事には設定する方が多いです。

ただ情報を公開するだけでは、自分に対してのメリットが少なく感じてしまいますよね。

そのギャップを埋める存在ともいえるのが、ペイウォール方式です。

アカウントの購読者が増えてきたら、限定コンテンツとして有料化してみても良いでしょう。

有料化は自由に設定できますよ。

マガジン・定期購読

2つ目は、「マガジン・定期購読」です。

ブランドコンテンツなどにしていくと、そのジャンルに興味を持つユーザーが次第に増えていきます。

noteでは定期購読形式にできるので、読者にとって毎回の更新が楽しみだと感じる方が増えるはずです。

今では「サブスク」という言葉が当たり前になりました。

興味ある情報をサブスクとして気軽に読めるようにすれば、読者が離れることを防ぐことができ、さらには安定した収益化もできるでしょう。

クリエイターサポート

3つ目は、「クリエイターサポート」です。

読者は投稿者(クリエイター)に対して記事への対価を支払うことができます。

無料であっても「サポート」する目的で投げ銭できるんです!

ファンとしては、お気に入りのユーザーを支援できるのはありがたい機能ですよね。

一般的なブログには必ずしも投げ銭できる機能があるとは限りませんし、クリエイターであればそれなりの対価をゲットできるので、おすすめです。

サークル

4つ目は、「サークル」機能です。

サークルとは、noteで用意される掲示板でファンと交流できるコミュニティ機能のことを指します。

月額料金別にプランを作成し、その種類に応じたコンテンツを作り上げられるのが特徴です。

ファンとより一体感のある交流ができます。

金額設定については作成者側で自由に決定できますが、上限金額が1万円とされています。

ファンが定着しやすい合理的な金額を見極めて、自分の活動に役立つサークルにしてみましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。