スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadで削除した写真を復元する方法を解説するよ♡便利なソフトも紹介

iPadで削除した写真を復元する方法を解説するよ♡便利なソフトも紹介

iPadで写真の整理をしていて、誤って大切な写真を削除してしまった経験はありませんか?

過去に戻って写真を撮り直すことはできないので、かなりショックですよね。

ですが、大抵の場合、削除した写真は復元できるんですよ!

iPadで削除した写真を復元して元に戻す方法を解説します。

Contents[OPEN]

【iPad】削除した写真を復元したい!できるの?

iPadの内部ストレージには上限があるので、写真を整理していかないと空き容量を圧迫していきます。

そのため、必要のない写真を削除する必要がありますが、うっかり大切な写真まで削除してしまい、あとで後悔することってありますよね。

削除した写真は復元できるのですが、条件があります。

まずは、どんな条件があるのかを紹介していきます。

30日以内なら「写真」アプリから復元できる!

iPadの「写真」アプリに保存されている写真を誤って削除してしまっても、その時点で完全削除されるわけではないんです。

削除された写真は「ライブラリ」フォルダから「最近削除した項目」フォルダに自動的に移動し、そこに30日間ストックされます。

そのため、削除した写真の移動先である「最近削除した項目」フォルダを見つけて、30日以内に写真を抜き出せば復元して元に戻せます。

写真の「非表示」は再表示すれば復活する

また、削除したと思った写真が、実は表示されていないだけだったという場合もあります。

iPadには写真の「非表示」設定機能があるので、以前「非表示」設定をして忘れているケースもあるはずです。

「非表示」にされた写真は、「再表示」の設定をするだけで「ライブラリ」フォルダに復元できるので安心してください。

【iPad】写真を復元する前に!まずはこれを確認♡

誤って削除してしまった写真の復元作業を行う前に、写真の復元に欠かせないiPadの設定を確認する必要があります。

チェックすべきことが2つあるのでこれから紹介します。

「iCloud 写真」をオンに設定しよう

最初に確認してほしいのは、iPadの「iCloud写真」の設定が「ON」になっているかどうかです。

「iCloud写真」が「ON」になっていれば、iPadの「ライブラリ」フォルダの写真を削除しても、写真は「最近削除した項目」フォルダに移動して30日間保存されます。

ですが、「iCloud写真」が「OFF」になっていると、削除した写真は「最近削除した項目」フォルダに移動せず、完全削除されてしまいます。

そのため、必ず「iCloud写真」を「ON」に設定してください。

確認する方法を説明します。

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

「設定」アプリ

「設定」画面になったら、左メニューの中にある「ユーザー名」を選択しタップします。「Apple ID」が画面の右側に表示されるので、表示されているメニューの中から「iCloud」を選択しタップしましょう。

iCloud

「iCloud」画面が立ち上がるので、表示されているメニューの中から「写真」を選択しタップします。

写真

「iCloud写真」が表示されるので、「ON」になっているか確認しましょう。

iCloud写真

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。