スマホで見つける、もっと可愛い私

Kindleアプリに不具合が?原因と対処法を解説!

Kindleアプリに不具合が?原因と対処法を解説!

Amazonが提供している電子書籍サービス「Kindle」では、スマホ向けの専用アプリも提供されています。

Kindleアプリでは、購入した電子書籍をスマホで読めますが、アプリを使っていると「アプリが突然落ちる」や「電子書籍が開けない」など様々な不具合が発生することもあります。

今回は、Kindleアプリで不具合が起きる原因やその対処法について解説していきます。「kindleアプリの調子が悪い」とお困りの方は、ぜひご一読下さいね。


Kindleアプリにはどんな不具合がある?

Kindleアプリに不具合が起きるとアプリが突然落ちたり、電子書籍が開けなかったりといった様々な症状が現れます。

まずは、Kindleアプリでどのような不具合が起きるのか見ていきましょう。

アプリが開けない・落ちる

Kindleアプリに不具合が起きると「アプリを開いてもすぐに落ちる」や「電子書籍を読んでいたら突然落ちる」といった症状が現れる場合があります。

これら症状は「スマホのOSやアプリのバージョンが古い」「スマホの空き容量が不足している」「バックグラウンドで多数のアプリが起動している」などが原因として考えられます。

電子書籍が開けない・表示がおかしい

Kindleアプリで購入した電子書籍を読もうとしたら、「電子書籍が開けない」や「電子書籍のレイアウトが崩れる」といった不具合が起きることもあります。

これは「スマホのOSやアプリのバージョンが古い」や「通信環境に問題がある」といった原因が考えられます。

買ったはずの電子書籍がライブラリに表示されない

Kindleアプリで購入した電子書籍は、「ライブラリ」のページに表示されますが、買ったはずの電子書籍がライブラリに表示されない場合もあります。

買ったはずの電子書籍がライブラリに表示されない

ライブラリに表示されないのは「スマホのOSやアプリのバージョンが古い」「通信環境に問題がある」「別のAmazonアカウントで電子書籍を購入してしまった」といったことが原因として考えられます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。