スマホで見つける、もっと可愛い私

スマホの正しいクリーニング方法を解説!便利アイテムから注意点を紹介

スマホの正しいクリーニング方法を解説!便利アイテムから注意点を紹介

私たちにとって、最も身近で使用頻度の高いガジェットといえばスマホでしょう。

毎日使うものなので、ついおろそかになってしまいますが、スマホを正しい方法でクリーニングすればより快適に・安全に・愛着を持って使うことができるようになります。

そこで今回は、「スマホの正しいクリーニング方法」についてご紹介していきます!

スマホにクリーニング(手入)は必要?

結論からいうと、スマホのクリーニング(手入れ)は必須です!

そう言える理由を見ていきましょう!

スマホは思った以上に汚れている

スマホのクリーニングが必須と言える最初の理由は、私たちが思う以上にスマホは汚れているという点です。

スマホの材質にもよりますが、物によっては汚れが目立ちにくいものもあります。

しかし、目に見えないからといって汚れが存在しないわけではありません。

普通は素手でスマホを操作するので、どうしても皮脂汚れなどが付着します。

また、スマホは外にも持ち歩きますし、いつでもどこでも触るので菌が付着することもあります。

「私たちが思う以上にスマホは汚れている」と思った方が良いでしょう。

画面の汚れはタップ反応を悪くするよ

さらに2つ目の理由として、特にディスプレイ面に汚れが付着していると反応が鈍くなり実用面で不調をきたすという点もあります。

指でタップやスワイプを繰り返しながら操作しますので、どうしても皮脂汚れが溜まりがちです。

夏の暑い時期には手汗などの汚れもつくかもしれませんね。

画面をタップしても反応しない時、よく見てみると「ディスプレイがギットギトに汚れていた」というのはあるあるですよね。

汚れが付着している部分が「タップしている」と誤認されてしまって、本当に自分が押したい部分は反応してくれなくなってしまうわけです。

こうした悲しい事態が起こらないようにするためにも、定期的なクリーニングは必須と言えるでしょう。

スピーカーやマイクの動作にも影響する

さらに3つ目の理由として、スピーカーやマイクの動作に影響を及ぼすという点もあります。

大抵のスマホでは、スピーカーやマイク部分には小さな穴が空いていてるのですが、他の部分とは段差になっているのでここに汚れが付着しやすいです。

それを放置しておくと、スピーカーから出てくる音やマイクで拾う音が阻害されることになってしまいます。

せっかく「良い音質で通話ができる」ことを売りにしているスマホだったとしても、メンテナンスを怠ったゆえに「こもった音」になってしまうとしたら残念ですよね。

こうした事態が生じないようにするためにも、やはり定期的なクリーニングが欠かせないんですビックイ

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。