スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】電池の持ちを良くする使い方を紹介するよ

【Apple Watch】電池の持ちを良くする使い方を紹介するよ

Apple Watchを使用していて、最近バッテリーの減りが早くなったと感じることはないでしょうか。

Apple WatchはiPhoneと同様に、電池に寿命があるため、使い続けていけば劣化しバッテリーの減りは早くなっていきます。

ただ、バッテリーの減りは、デバイスの設定を変更することによって長持ちさせることができます!

この記事では、Apple Watchの電池の持ちを良くする方法を紹介します。

Contents[OPEN]


【Apple Watch】電池の持ち時間と充電時間について

まず、Apple Watchの基本的な電池持ち時間と充電時間を説明します。

Apple Watchの電池の持ち時間は?

現在販売されているApple Watchのモデルは、Apple Watch Series 3、Apple Watch Series 7、Apple Watch SEの3モデルです。

搭載されているバッテリーの持ち時間はすべて同じで、最大18時間となっています。

ですから、バッテリーがマックスの状態で家を出て帰宅するまで、バッテリーを途中で充電する必要はないはずです。

Apple Watchの充電にかかる時間は?

バッテリーの残量がゼロの状態で充電を開始し、100%になるまでの所要時間は1.5時間から2時間です。

充電時間は購入したApple Watchのモデルや使用状況によって若干の違いがあるのでご注意ください。

Apple Watchの電池が早く消費される原因は?

Apple Watchを使用していて特にバッテリーの稼働時間が、先ほど紹介した18時間を大幅に下回ると思う人がいるかも知れません。

バッテリーの稼働時間が18時間に達しない場合に、考えられる理由は3つあります。

以下にまとめるので参考にしてください。

バッテリーの電池が消費される原因

  • Watch OSが最新の状態にアップデートされていない。
  • Apple Watchのバッテリーを節約する設定を行っていない。
  • 使用環境の悪さや寿命によってApple Watchのバッテリーが劣化している。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。