スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】オーディオライブラリの音楽・効果音の使い方♪

【YouTube】オーディオライブラリの音楽・効果音の使い方♪

YouTubeの動画に音楽や効果音を使いたいけれど、お気に入りのものがなかなか見つからないことってありますよね?

そんなときにオススメしたいのが、YouTubeのオーディオライブラリです。

オーディオライブラリにはYouTubeの動画で使える音楽・効果音が数万種類以上用意されており、全て無料で使えます。

今回は、YouTubeのオーディオライブラリの音楽・効果音の使い方について解説していきます!

Z世代を中心に話題!韓国のWebドラマが見られるYouTubeチャンネル5選♥
【2022年最新】YouTubeのショート動画の時間とサイズ・作り方

【YouTube】オーディオライブラリとは?

まず、YouTubeの「オーディオライブラリ」とはそもそもどういったサービスなのかチェックしましょう!

【YouTube】「注目のコメント」とはどういうこと?意味を解説!

動画で使える音楽・効果音が用意されている

YouTubeのオーディオライブラリとは、動画で使える音楽・効果音を無料でダウンロードできるYouTubeの公式サービスです。

YouTubeのオーディオライブラリ

音楽は約4万種類以上、効果音は約1万種類以上用意されており、クオリティーも無料とは思えないほど非常に高いです。

ダウンロードした音楽・効果音は、YouTubeに投稿する動画内で自由に使えます。

音楽を丸々使っても良いですし、音楽の一部をトリミングして使ってもOKです。

YouTubeのクリエイターならわざわざ有料サイトから音楽・効果音をダウンロードしなくても、オーディオライブラリの音楽・効果音のみで十分魅力的な動画に仕上げることができるでしょう。

著作権の使用料は無料

YouTubeのオーディオライブラリにある音楽・効果音を使用しても、著作権の使用料は発生しません。

本来、著作権で保護されている音楽・効果音を動画内で使用するには、著作権の管理者(JASRACなど)への使用許可申請・使用料の支払いが必要となります。

許可を得ずに無断で使用すると著作権法違反になり、動画・チャンネルが削除される可能性があります。

しかし、YouTubeのオーディオライブラリにある音楽・効果音は、YouTubeが著作権の管理者から使用許可を得ているため、ユーザーが使用許可申請・使用料の支払いを行う必要はありません。

ただし、使用料無料で使えるのは、YouTubeにアップロードする動画を作成するときのみです。

YouTube以外の動画サービスで勝手に使用すると著作権法違反になるのでご注意ください。

YouTube Studioからアクセスできる

YouTubeのオーディオライブラリは、クリエイター向けの管理ツール「YouTube Studio」にログインすればアクセスできます。

YouTube Studio

「YouTube Studio」の左メニューにある「オーディオライブラリ」をクリックすれば、オーディオライブラリの音楽・効果音の一覧が表示されます。

「オーディオライブラリ」をクリック

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。