logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【レジェンヌ】新曲続々披露! クオリティの高さに圧巻のリアルライブ【ファーストライブレポ】

【レジェンヌ】新曲続々披露! クオリティの高さに圧巻のリアルライブ【ファーストライブレポ】

去る2017年12月7日、表参道の原宿groundという会場で記念すべきレジェンヌのファーストライブが行われました!

クリスマス間近の表参道は、会場に入る前からキラッキラでした。が、ライブの時間ずーっと、レジェンヌライブ会場が一番日本でキラキラしていたことは疑いようがありません!!

関連記事:レジェンヌファーストライブレポ(キャストさんをクローズアップ)

まずは今回のライブの内容を確認

記念すべき初めてのレジェンヌリアルライブが行われました! 出演者・場所・内容などをチェック!

日程

2017年12月17日(日)
18:00開場
18:30開演

会場

表参道GROUND
表参道GROUND公式サイト

料金

全自由(整理番号付き)
前売り3,000円
当日3,500円
※入場の際に、別途ドリンク代(500円)必要

出演者

キャスト 役名
門山 葉子 黒憧 ましろ 役
小嶋 紗里 蜜目 凪緒 役
七瀬 りりこ 紗曲 なな瀬 役
RiRiKA 立歌 響 役

ト

結論からいうと、「このライブを3,000円って正気か!?」としか言いようがありませんでした。もちろんお値段以上を突き抜けすぎているレベルという意味です。

セットリスト

  • シャングリラ(全員)
  • it’s show time(小嶋さん)
  • Don’t think feel!!(門山さん)
  • Be a star!(七瀬さん)
  • Voice Of My Heart(RiRiKAさん)
  • Go your own way(七瀬さん)
  • 焦点(小嶋さん・門山さん)
  • Belle Etoile(RiRiKAさん)
  • Reason to be(小嶋さん)
  • カーテンコール(門山さん)
  •    ~アンコール~

  • レジェンヌメドレー
    シャングリラ(全員)
    カーテンコール(RiRiKAさん・門山さん)
    it’s show time(七瀬さん・小嶋さん)
    Don’t think feel!!(全員)

Voice Of My HeartとGo your own wayの間にはMCコーナーあり。出演者の皆さんがレジェンヌをプレイして、その結果に近いハイスコアを持っている観客にグッズプレゼントという、みんなが手に汗握ってプレイを見守る一体感抜群の企画がありました☆

気になる物販は?

さて、レジェンヌガチ組の私。今回ありがたくもPRESS(報道)で呼ばれているにもかかわらず、物販開始10分前に現場に到着しました。ただのガチ勢。

看板

小さめの会場だからするっと買えるかなーと思ったら、なんのなんの、みんな開始前から待機してました。待機列は交通の邪魔にならないようにするのが難しい…><

グッズはたくさん種類がありましたよー。事前に平田Pのツイッターで告知がありましたが、実物を見たらヤバいかわいいでした♡

特にアクリルチャームプレートは実物を見たら出来が違います! 事前に買うものを吟味して物理で現金がないのに買うところだったぜ。

ト

私はこんなものを購入しました~~~

▼蒔絵シール+名刺セットB(なな瀬&ましろ)

ト

これは絶対に手に入れたかった一品。なぜなら、この蒔絵シールにプリントされているサインは初出し! 世界最速でおおぞらアカデミーのみんなのサインをゲットできる大チャンス☆ しかもそのサインはキャストさんの考案だそう。キャストってサインもできなきゃダメなんだ…

ましろちゃんのサインが縦型なのって、すっごくましろちゃんらしい!

▼ライブキャストグッズセット(ましろver&なな瀬ver)

ト

ト

こちらはライブ当日を楽しむためのグッズとして購入! リストバンドには記念になる日付入り♡ 推しのカラーを単体でつけるのもいいですが、私のように重ねづけをすることで「ましろ&なな瀬ペアを応援してますわ♪」ってセット推しができます…!

ト
見よ、燦然と輝く2色のリストバンドを…!

物販で売られていたグッズは、事後通販ができるよう調整中なのだとか。今しばらく続報を待ちましょう!

地下のライブハウスは超密着空間!

開場後、お客さんたちはぞろぞろ~っと地下のライブハウスへ。ライブハウスですのでそれほど広くはなく、舞台がすぐそこ! 何なら音響機器もすぐそこ! 私たちもお客さんというよりはライブを作る一員のような気さえしてきます。

でも、超密着! は物理的な距離の話だけではないんですよ。

私たちとキャストさんの距離がほとんどないように感じられたもう一つの大きな理由は、響立歌役のRiRiKAさんのMCにあります。

きっと今回のライブにはたくさんのお客さんが来ていたと思うんです。レジェンヌが大好きな人、役者さんが大好きな人、宝塚が大好きな人……。既に楽しみ方が違いそうです。さらに、レジェンヌとしても初めてのライブだから、どう楽しんだらいいのか私も不安に思うところがありました。

でも、RiRiKAさんの流れるような楽しいMCのおかげで、みんな1つになって安心して楽しむことができました。レジェンヌのライブは歌だけが魅力じゃない!

そしてMCの中にするっと入るRiRiKAさんの天然、そしてそれを上回る七瀬りりこさんの天然、慌ててフォローに入る門山葉子さんと小嶋紗里さんという関係性が可愛くて可愛くて…♡

おっと、そろそろライブの内容に入りましょう。

おや、トナカイのベルの音かな…? ちがう、あれは「シャングリラ」だ!!

ソワソワしながら開演を待つまさみ。ソワソワしすぎてドリンク1杯開演前に飲み干しました(笑) ワンドリンク制だったんですが、もちろん飲み物は「カルピスソーダ」を選択! なぜかって? ましろちゃんの色だからですよ!

でも、正直飲み干しといてよかったです。なぜなら、最初からテンション上がりまくりだったから!

そして聞こえてきたのはシャンシャンという音……ソリじゃないですよ。パンダでもないです。我々にとってシャンシャンと言ったらグリグリですよね!? そう、開幕は「シャングリラ」!!

イベントストーリーを読んだ人ならシャングリラが最初に歌われるのは納得ですよね~。

本日の出演者全員がステージに登場!

ト

耳が幸せなのは言うまでもないんですが、歌がね、どーんと身体に来るんですよ! 体全体で歌を聴いてる感じ。

そして眼前で繰り広げられるのは、4人による息の合ったダンス。本科生と講師は貫禄が見える滑らかな、そして予科生2人はフレッシュさあふれる小気味いい振り!

最初からステージに夢中になってしまいました。

流れるようなRiRiKAさんMC

幕開けから圧倒的歌唱力とダンスで、完璧なパフォーマンスを見せつけられた観客はどういう状態ですか? そう、ちょっと放心状態です。

その耳に流れ込む怒涛のRiRiKAさんのおかわいらしい声でのMC! ギャップ(笑)

またRiRiKAさんって観客席にすごく話を振ってくれるんですよ~。本当に壁がない。出演者に話しかけるのと同じテンションでこっちを見て話してくれるんです♡

今までに演者さんでレジェンヌとして露出があったのは、元タカラジェンヌの5名(水夏希さん・百千糸さん・藤咲えりさん・RiRiKAさん・大空ゆうひさん)へのインタビュー動画+解説動画で七瀬りりこさんと小嶋紗里さんですね。※YouTubeレジェンヌ公式チャンネル参照

もしかしたら黒憧ましろ役の門山葉子さんは顔を知らなかったよ~って方もいらっしゃったかも?

生で「なな瀬さまぁ~~~♡♡♡」を聞かせてくれるサービス精神旺盛な方でした☆

幕は上がった……そう、「it’s show time」!! からおなじみの曲がソロで♡

次の曲は、PVでも最初に披露されて、私も思い入れが深い曲「it’s show time」

蜜目凪緒役、小嶋紗里さんによるソロでした。MC中には衣装がすごく素敵~ってお話があったんですが、その燕尾をさっそく脱いでの歌唱! 気合が入ります。

ト
ソロ歌唱で力強く存在感を示す小嶋さん

MC中には、小嶋さんと門山さんはこういうタイプのステージが初めてと仰っていましたが、その緊張感が上手く伝わってきたためか、ピリッと身の引き締まるit’s show timeでした。小嶋さんにこの曲のソロを任せた采配の天才がスタッフにいますね? シャングリラで温まった空気が、芯を持った感じがしました。

そして、燕尾を脱ぐのも納得のダンス! ちょっとちょっと、it’s show timeってこんなかっこいい振り付けだったの!? これはお手本動画を上げたら踊ってみたい人たくさんいるんじゃないかなぁ…!?

考えるな、感じろ。「Don’t think,feel!」

次は門山さんのDon’t think,feel!

こちらもレジェンヌプレイヤーにはおなじみで、どちらかというと百ちゃんのイメージが強いですよね。

ましろちゃんこと門山さんの歌唱に感じたのは、力強さはもちろん、朗々とした解放感。

ト
ソロ曲はいつも、楽しんでいらっしゃるのが伝わってきました

ご本人曰く、イメージは「草原を疾走するパンダ」だとか(笑)

草原を疾走するパンダはさすがに見えなかったですけど、自分なりの表現で歌いこなすましろちゃんはばっちり見えました!!

私が聞きたかった組み合わせ。「Be a star!」

本科生から予科生へのメッセージを感じる「Be a star!」

実はなな瀬さん役の七瀬りりこさんの歌唱で私が聞きたい曲の暫定1位がこの曲でしたので、本当に聞き惚れました。

ト
歌っている姿は、圧倒的「大人力」を感じます

この曲はとても歌唱力……というか、声量で表現に違いが出る曲のように素人考えでは思っています。

もう、マイクが壊れるんじゃないかと思うほどの圧倒的声量! 私がマイクだったら、あんな美声を浴びて最期を迎えられるのは至上の幸運ですね。

当然ですが、七瀬さんの美声でマイクが壊れるなんてことあるわけがなく、壊れたマイクも生き返るパワーにあふれていますよ。表現力が不十分なライターの、声量への驚きだけ受け取ってください。

RiRiKAさんにとる「Belle Etoile」は心地よい

順番が少し前後しますが、定番曲と言えば「Belle Etoile」も外せないですよね。ライブではRiRiKAさんのソロが披露されました。響先生の歌うBelle Etoileはたぶん世界最速披露だったと思います。

本科生と和音ちゃんのベルエトワールが大好きな私。眠るときに聞きたい曲です。響先生のベルエトワールは穏やかに眠りに誘いながら、とても良い夢が見られそうでした。まさに夢見心地。

ト
笑顔を絶やさないRiRiKAさん

ライブの間中は気分が高揚することの方が多かったんですが、この時ばかりはホッと息をついていたような気がします。

素晴らしい歌は、聞いている人の気持ちを上げたり落ち着けたり、いろんな効果があるんですねぇ。

響先生ソロから始まる、怒涛の新曲ラッシュ!!

レジェンヌ定番曲のソロも良かったんですが、やはりどうしても語らなければならないのは1度に4曲も披露された新曲たちですよね。キャスト4名によって堂々の発表となりました。

待望の響先生新曲「Voice Of My Heart」

待ちに待ったRiRiKAさんソロは、響先生の新曲!
その名も「Voice Of My Heart」です♪

ライブで初お披露目でしたが、とても響先生らしい、明るくテンポの良い曲だったと記憶しています。何よりRiRiKAさんが笑顔で、とても楽しそうに歌っていらっしゃった印象が強いです。だからか、私にとってすごく「幸せ」なイメージの曲になりました。

響先生は、そしてRiRiKAさんは、歌で私たちを楽しませてくれる人なんだなと改めて気が付きました。

あの方の新曲「Go Your Own Way」

あの方の新曲…という、なんだかはっきりしない表現で披露された新曲「Go Your Own Way」
歌う前の七瀬さんの恐縮しきりの様子から何となく予想はしていましたが、曲を聴いたら「間違いない、あの方だ!」と確信できます。あの方です。

雄大なメロディラインに、ゆったり乗せられる言葉。
ひたすらに包容力にあふれた歌詞と、でもどこか厳しさも内包したような甘いだけではない曲調。

七瀬さんは和風という言葉で表現されていましたが、構成は複雑なように聞こえないのに、色々な感情を想起させるどこか複雑な音色が「和風」という表現になる理由だと思います。

凪緒×ましろのデュオがかっこよすぎるロックな新曲「焦点」

更に披露された新曲は「焦点」

紹介の際に耳に届いた「しょうてん」という音に、とっさに漢字変換ができませんでしたが、それはきっと今までのレジェンヌの曲に日本語(漢字)の曲がなかったせいですね! 私のせいじゃない。チャンチャンチャカチャカ、チャンチャン♪ではないですよ。

この曲、ロックが大好きな凪緒ちゃん待望のロックな曲! 曲もいいんですが、歌唱した門山さんと小嶋さんによるダンスが本当にかっこよかった…!

ト

見てもらえないのが本当に残念です。

ハッ、あのダンスを3Dモデルでゲームの中で再現してもらえば伝わるかも…!?
今のミニキャラでは表現できない動きもあると思うので、頭身の高いモデルで踊ってもらえたら嬉しいですねぇ。何とかならないですかね…?

映月水先生の新曲「Reason to be」

こちらの曲は水先生の新曲ですよ!!
ライブでは凪緒ちゃん役小嶋紗里さんが、妖艶にも映るダンスと共に披露してくださいました。今もはっきり覚えてます、歌いながらひざを折り、腰を落とし、舐め上げるような視線で客席を見据えたあの顔を…! かっこいい!

水先生と凪緒ちゃん……今まで考えたことのなかった組み合わせですが、いいですね! 文句なくかっこいいです。

こちらの曲の詳しい感想は差し控えておきましょう。近いうちに私たちの耳に届く予定らしいので。

ぜひ、その耳で確かめてみてくださいね!

MCコーナーは観客参加型♡

ちょっと順番は前後しますが、RiRiKAさんソロの「Voice Of My Heart」のあと、MCコーナーがあったんです!

その中ではなんと、キャストさんによるゲームプレイコーナーが!

ト

何せ舞台に立つ演者さんの中には、私の中で「レジェンヌガチ勢」との呼び声が高い門山葉子さんがいますからね。ゲームをするって聞いた時から盛り上がることは確信していました。

でも、普通にプレイしたら恐らく門山さん一強になってしまう(まさみ調べ)…それを防ぐためか、シンガーとパフォーマーと難易度は全て後ろ手で選ぶという趣向が♪

ここで、ファーストライブに公式ツイッターから発信されたこの謎のツイートの正体が明らかになりました。


ランダムの条件でプレイしたキャストさんのスコアと、一番ハイスコアが近かった方にレジェンヌグッズのプレゼントが!

ト
真剣にプレイする小嶋さん。お上手でした♪

実は私も1回惜しいところまで行ったんですが、あと1歩のところで逃がしました…欲しかった…。

トリはやっぱり……「カーテンコール」

レジェンヌファンにとって、トリはこの曲しかないでしょう。
初舞台でトリの大役、そのプレッシャーを一切感じさせない門山葉子さんソロの「カーテンコール」で、レジェンヌのファーストライブは締めくくられました。

歌詞と状況があまりにリンクしすぎて、私は本当に今すぐ最前列に行きたかったですね。そして「ありがとう!」と叫びたかったです。

※カーテンコールの中の「最前列」の歌詞については捉え方が色々ありますが、公式ツイッターでどの解釈でもいい曲と、ゆらちゃんから結論が出ています。ゆらちゃんは天才。


もう、ありがとう以外の言葉が出てこない荘厳なフィナーレでした!

…が、実はここで終わりではなかったんです。

アンコールの「レジェンヌメドレー」が豪華すぎる

私は正直まだまだこの場所から離れたくなかった。きっと客席のみんなが同じ思いで、その結果、アンコールが実現されました!

おなじみ4曲を、全員、もしくは本科生+予科生の組み合わせでの歌唱!

ト

この瞬間が、舞台に立っているキャストさんも私たち観客も含めて、一番幸せオーラが溢れていたように思います。このメドレーが終わったらライブは終わってしまう、けれど、そんなことが気にならなくなるくらいに、最高に幸せなひととき。

キャストさん同士の距離も、今までで一番近かったように見えました。客席と舞台の距離はほとんどゼロだったと思います。

メドレー終了後は、本当の終演。あまりに素晴らしいステージに余韻に浸りながらも、感想を口々に語りあいながら出口に吸い込まれていく人たち。寂しさと興奮と幸福と、一度にいろいろな感情が押し寄せていたのはきっと、私だけではないと思います。

お衣装がクオリティ高すぎてすごい

ここからは時系列通りではないお話を。ぜひぜひお伝えしたいのは、衣装のすばらしさ!

写真で見てもクオリティの高さは伝わると思うんですが、生で観るとますますすごいんですよ!

ト

普通、2次元のゲームの衣装を3次元の舞台衣装に落とし込む際には、どうしても実現できない部分や簡略化しなければならない部分が出てきます。それは布地の限界だったり、演者さんとの相性だったり、動きの面だったり、とにかく難しい問題であろうことは想像に難くないです。

でも、レジェンヌファーストライブは違う。あの「おおぞらアカデミー制服」をかなりの完成度で再現してきました。


こちらに関する話は、テーラーさんのwebサイトで詳細に語られています。まだご覧になっていない方はぜひこちらを!

生徒3人は透かしの入ったニーハイ、講師の響先生は黒タイツでのご登場♪ ほとんど同じ衣装だけど、タイツか靴下かで結構「生徒感」「先生感」が出るものなんですね~。

で、また皆さんかわいい! あれは恐らく足の長さとか、スタイルの良し悪しがそのまんま出てしまう(女性にとっては恐ろしい)衣装だと思うんですが、着こなしバッチリでした。衣装の仕立ても違えば、着る人の素材も違う。素晴らしい。

しかもとてもいい仕立て屋さんで作っているからめちゃめちゃ動きやすいそうで。あんなに思い切り歌って踊れるのも、この衣装のおかげだったんですね~!

次はぜひ、講師も生徒もメアリちゃんケイトちゃんも勢ぞろいの姿を見てみたいなぁ♡

振付の話

振付もとってもかっこよかったです!!

ト

特にましろちゃん役の門山葉子さんと凪緒ちゃん役の小嶋紗里さんには、身体全体を大きく使った振付が多かったように思うんですが、すごくビシッと決まってました!

単純に見ている側としては「あんなに動いて歌えるなんて、演者さんはプロだなぁすごいなぁ」という思いしか湧かなかったんですが、うちに帰ってよくよく考えてみました。

最大限身体を使いながら、でもしっかり歌える振り付け。それでいて、耳だけでなく、目でも楽曲を感じられたのは、振付の方の力も大きいのではないかと。

どの振りをとっても、楽曲に、そして演者さんにしっくりと馴染み、大げさに感じるものは一つもありませんでした。

とにかくとてもかっこよかったので、個人的にはあの振付動画を公開していただき、「踊ってみた」みたいな動画が登場することを願っています。いや、あれは絶対踊ってみたくなる奴ですから!

木村千咲さん&柏山奈々美さんのお姿も…♡

当然NO PHOTOなんですが、実はライブ会場に、和音役の木村千咲さんと、はつ飛役の柏山奈々美さんもいらっしゃってました!


今回は演出上4人での出演だったと思うんですが、次回にはきっと彼女たちがステージに立つ姿が見られるはず……??

私は普通にお2人の斜め後ろの席に座ってたんですが、彼女たちとはつゆしらず

(´-`).。oO(なんか若くてかわええ子たちがおるな…仲良さそうで良き良き)

と思ってました。そりゃかわいいはずだよね!
キャパ小さめの会場だとこんなサプライズがあるんですねぇ(*’ω’*)

プレス独占インタビューも!

実は皆様がおかえりになった後、プレスだけでインタビューさせてもらえる時間がありました。何が語られたか、気になりますよね?

まず、演者の皆さんが口をそろえて仰っていたのは「お客様がみんな暖かかった」ということ。MC中にも何度も仰ってましたよね。


私なんかもう心奪われてほとんど抜け殻状態だったんですが、皆さんのあたたかい視線は舞台の上にもしっかり届いていましたよ! ゲームをプレイしてくれてとても嬉しいとの言葉も。むしろこちらこそ、素晴らしいゲームをありがとうございます。

年齢層も性別も様々なのに、みんなゲームをやり込んでくださっていたことが印象的だったそうです。

完成度の高いステージを受けて、私が何より気になったのは練習量。皆さんお忙しい中を縫ってかなりの練習をされたのだろうと思って聞いてみました。

門山さんや小嶋さんは7日~10日くらい練習の期間があったそうですが、RiRiKAさんや七瀬さんはあまり時間が取れなかったそう。七瀬さんの口からは「時間がなくて、(みんなで合わせたのは)1回…」なんていう驚きの発言が!

その練習量であの完成度……プロってすごいんですね。舞台を降りても驚かせてくださる。

その他にキャストの皆さんが、ステージを振り返って特に難しく感じた点も話してくださいましたよ♪

小嶋紗里さん
七瀬りりこさんに「普通はできないですよ」と言わしめるほど、歌唱とダンスが素晴らしく両立していた「Reason to be」。元男役の水夏希さん演じる映月先生の曲なので、旋律の低さが難しかったそうです。もちろん、歌いながら踊ることも苦労された点だとか。
門山葉子さん
ステージの最終演目「カーテンコール」を担当された門山さん。ラストを飾る曲目として、しっかり締めなければならない。けれど一方で可愛らしい振り付けもしっかり見せていきたいと頭を悩ませたそうです。
七瀬りりこさん
ご自身で、「普段は高音が売り」だとおっしゃる七瀬さん。新曲として披露された「Go your own way」では、キーの低さに苦労されたとか。また、新曲を聞いた時に演歌っぽいイメージを受けたそうで、その辺りの表現も楽しみつつ追求されたとのことでした。
RiRiKAさん
RiRiKAさんが挙げた曲名は「Belle Etoile」です。最初は表現にいろいろと迷うところもあったそうですが、歌詞の意味を考えることで、”すっと入ってきた”と仰っていました。

いくら素晴らしい演者さんと言っても、苦労なさってるところもあるんですね。でも、そんなことを一切感じさせない、磨き上げられたステージでした。

表参道のイルミネーションもかすむくらいのキラキラなステージを、本当にありがとうございました。

ト

これで、当日の流れを中心にした記事は終わりです。

実は当日登壇されたキャストさん1人ひとりをクローズアップした記事もありますので、もしよければそちらもご覧ください。

関連記事:レジェンヌファーストライブレポ(キャストさんをクローズアップ)
まさみ

この記事のライター
まさみ
取材記事というよりは「ライブに行っていないのにまるで体験したような気分になれる」ような気持ちを共有する記事を目指しました。この記事はあまり、ライブの概要をさっとつかむことには向いてません。他の媒体さんでは、もっと整理された素晴らしい取材記事がたくさん出ていますので、今すぐ「レジェンヌ ファーストライブ」で検索ですよ!

この記事に関するキーワード