logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

iPhoneの標準カメラの使い方、全部解説します。

iPhoneの標準カメラの使い方、全部解説します。

iPhoneって標準のカメラに凄く気合を入れていますよね。画質の良さだけじゃなく、背景をボヤけさせて人物をクッキリ写す「ポートレート」機能や、美しい風景を余すことなく写せる「パノラマ」機能、太陽や空の雲などゆっくり動くものの時間をギュッと凝縮させる「タイムラプス」機能など多彩な機能があります。

カメラ機能、なんかたくさんあるけど使ったこと無い…って人もたくさんいると思います!そんな方のためにiPhoneのカメラ機能、全て解説します!

まずは基本!iPhoneカメラ画面の見方

iphone-camera

基本的にカメラの画面は共通です。上の写真の3番だけは「写真」機能でしか使えませんが、この画面の見方がわかれば他の機能なんて怖くないです!

それでは順番に使い方を解説していきます!

iPhoneカメラの基本その1「フラッシュ」

iphone-camera

1番のマークは「フラッシュ」です。このアイコンをタップすると[ 自動 オン オフ ]と出てきます。自動を選択していると辺りの明るさに応じて自動でフラッシュを焚いてくれます!

ただ、必要ないと感じている時でもフラッシュが光る場合があるので、一応気をつけましょう!

iphone-camera

「フラッシュ」がオンになっている時は、マークが黄色くなり、上部中央にフラッシュマークが出ます。フラッシュに弱い人などもいますので、しっかり確認してから撮るようにしましょう!

iPhoneカメラの基本その2「HDR」

「HDR」とは?

HDRは、High Dynamic Rabge(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略称で、普通に撮った写真よりも明暗の幅が広がっていい写真が撮れる機能です!

iphone-camera

「HDR」無し

iphone-camera

「HDR」有り

上の2つの写真をご覧いただけるとわかると思います。「HDR」無しの写真では空や建物の壁が白飛びしてしまっていますが、「HDR」有りの写真では青い空がキチンと写っています!

この様に色の明暗の幅を出してくれるのが「HDR」という機能なんです!

「HDR」の使い方

iphone-camera

HDR」も「フラッシュ」と同様に、自動とオンとオフを選べます。
ただし、「フラッシュ」と「HDR」は同時に使用出来ませんのでご注意ください!

iPhoneカメラの基本その3「Live Photos(ライブ フォトス)」

動く写真機能「Live Photos」は後述の「ポートレート」や「パノラマ」などでは使えない、「写真」専用の機能となっています!

iphone-camera

右の写真の様に「Live Photos」マークが黄色になっていると、動く写真が撮れます!

こんな感じです!

ポッポさん(@poppoapppoppo)がシェアした投稿


Live Photos」の詳しい情報はこちらからご覧ください。

「Live Photos」の使い方
「Live Photos」をロック画面に設定する方法

iPhoneカメラの基本その4「タイマー」

iphone-camera

言わずとしれた「タイマー」機能です。3秒後か10秒後に自動的にシャッターを押してくれる機能です!

iPhoneカメラの基本その5「フィルター」

iphone-camera

フィルター」を使うには右上のマークをタップするか、画面を上にフリックします。

iphone-camera

9種類のフィルターで色んな表情の写真を撮っちゃいましょう!

iPhoneカメラの基本その6「撮った写真を確認」

iphone-camera

左下の画像が写っている所をタップすれば、自分が撮った写真をチェックすることが出来ます!

iPhoneカメラの基本その7「インカメラ」

iphone-camera

右下のマークをタップすると、アウトカメラからインカメラに変更できます!

iPhoneカメラの基本その8「ズーム」

iphone-camera

画面中央下部の「1x」のマークをタップすると、

iphone-camera

画面をズーム出来ます!iPhoneXやiPhone7/8 Plusでは最大10倍までのズームが可能ですが、2倍以降はデジタルズームとなり画質が落ちてしまいますのでご注意下さい。それ以外の機種では最大8倍までのズームが可能です。

iPhoneカメラの基本その9「ピント・フォーカス」

iPhoneのカメラアプリでピントをあわせるのはほとんど自動でやってくれますが、ここにピントを合わせたい!という場合は、そこをタップすればピントの位置が変わります。簡単ですね!

iphone-camera

iPhoneカメラの基本その10「露出(明るさ)」

実は前の項目「ピント・フォーカス」に凄く関係しているのですが、iPhoneのカメラは自動でピントを合わせてくれて、露出(画面の明るさ)も自動設定してくれています。

でも室内で人を撮るときなど、ちょっと暗すぎるなぁ…と思ったこともあると思います。そんな時は、ピントを合わせてから上にスワイプ!

iphone-camera

画像が少しずつ明るくなります!逆に下にスワイプすると暗くなります。好みの明るさに設定できるので、晴れと曇り、室内と野外などで露出が変わるので、是非活用してみて下さい。

iPhoneカメラの基本その11「バースト(連写)」

iphone-camera

シャッターボタンを長押しすると物凄いスピードでたくさんの写真を撮ってくれます。

iphone-camera

カメラロールでバースト写真を選ぶと、下部に「選択…」という項目があります。ここをタップすると、

iphone-camera

バースト写真の中で気に入った写真だけを取り出す事が出来ます。選び終えて「完了」をタップすると、選択した写真がバースト写真とは独立してカメラロールに保存されます!
動いているものを撮る時などはバーストでたくさん撮っておいて、あとでいい写真を選ぶ。というのがおすすめです!

デュアルレンズの特権「ポートレート」

ポートレート撮影というのは、簡単に言ってしまうと被写体にピントを合わせて背景をボカす撮影です。
こんな感じです。

iphone-camera

ワンちゃんはハッキリと写り、背景はぼやけています。
このように、この写真の”主役”はコレ!と主張できるのが「ポートレート」なのです!

ポートレートでの撮影には一定以上の距離が必要です

ポートレートモードにすると、カメラが2倍くらいの倍率で固定されます。そして、ある程度の距離を取らないと上手く撮れません。

iphone-camera

こんな感じで「離れてください。」って言われます。

何か、撫子に言われてるみたいで少し興奮しますね!

iphone-camera

ポートレート撮影が可能になると、画面上部の「被写界深度エフェクト」という部分が黄色くなります。そうしたら後はシャッターボタンを押すだけです!

「ポートレートカメラ機能」の使い方

上の関連記事はiPhone7 Plusの時の記事で、現在はiPhone8 PlusとiPhone Xでもポートレート機能が使えます。更にiPhone8 PlusとiPhone Xでは撮ったポートレート写真を更に美しくする「ポートレートライティング」が使えます。

もっとすごいのが、iPhone Xだと「セルフィーでポートレートモードが使える」という点ですね。未だにiPhone7 Plusを使っているので、新型iPhoneの発表を今か今かと待っています。

伝わりやすい写真が撮れる「スクエア」

縦横比が1:1の正方形写真が撮れる「スクエア」は、SNSのプロフィール画像などに使用しやすいです!

iphone-camera
通常サイズ

iphone-camera
「スクエア」

このくらい違います。
スナップ写真を撮る時に、何気なく「スクエア」でシャッターを押しても楽しいかもしれません

iphone-camera

口から水を吐き続けているお稲荷さんを何故かスクエアで撮っていたので置いておきますね。

普通に撮った写真も後から「スクエア」にできる!

普通に撮った写真を「スクエア」にしたり、角度を変えたりも出来ます!

iphone-camera

「カメラロール」から構図を変えたい写真を選んで、右上の「編集」をタップします。

iphone-camera

次に、下部にあるリサイズボタンをタップします。

iphone-camera

ここで右下のアイコンをタップすると、既定のサイズに調節出来ます!

iphone-camera

ここで「スクエア」をタップすれば写真は1:1に固定されて、写真の好きな位置を1:1に切り取ることが出来ます。

iphone-camera
「スクエア」

もちろんリサイズした後に元に戻すことも可能です。

iphone-camera

もう1度「カメラロール」から写真を選択して「編集」を押して、元に戻すをタップすればどんな加工をしていてもオリジナル写真に戻せます!

ひろ~い景色をいっぺんに写真にしたい!そんな時は「パノラマ」

山頂から広がる景色など広い景色を1枚の写真に収めることができる「パノラマ」機能が楽しいです!

iphone-camera

こんな感じでとっても広い写真が撮れちゃいます!

iphone-camera

撮り方も簡単!
センターに出るラインからズレないようにiPhoneをゆっくり動かすだけ!
撮ったパノラマ写真をiPhoneで見ると、Googleストリートビューみたいに、その場にいるかのように風景を眺める事ができるので、メッチャクチャ楽しいですよ!

何気ない瞬間も「スロー」にすると面白くなるかも!?

普通に動画を撮るだけなのに、「スロー」にしてくれる嬉しい機能!
スポーツ選手の細かい挙動だったり、鳥が飛び立つ瞬間だったり、色々と汎用性が高い機能です!

とりあえず何か撮ってみようと思って、取り出したのがコレ!

iphone-camera

読売ジャイアンツの羽つき扇子(振るとメッチャ羽が舞う)です。

コレを振っている動画をスローにしたら、羽が舞って綺麗に写るかも!?と思い撮ってみた動画がこちらです。

ポッポさん(@poppoapppoppo)がシェアした投稿


二の腕ぷるんぷるん!
スローがどうこうよりも、自分の二の腕がこんなだらしないなんて…とショックを受けています。

iphone-camera

通常スピードで始まって、途中がスロー、最後も通常スピードで終わる。という仕組みになっていますが、「カメラロール」から編集するとスローにする所を選べます!

時間をギュギュッと凝縮!「タイムラプス」機能

「タイムラプス」は撮影した動画のコマを少なくして、ギュギュギュっと短時間にまとめられる機能です。

これは花火大会をタイムラプス機能で撮影した動画です。

ポッポさん(@poppoapppoppo)がシェアした投稿

こんな風にも使えます!

雲が形を変えながら流れていく様子や、新幹線から見える景色を撮るなど色々な使われ方がしているようです!みなさんも試してみてください!

長くなりましたが、iPhoneのカメラ機能の説明が一通り出来たと思います。折角使える機能を使わないのはもったいないので、普通に写真や動画を撮るだけじゃなくて、色んな楽しみ方をしてみてください!

ポッポ

この記事のライター
ポッポ
今日は何故かどうしようもなく中本の北極が食べたいです。

この記事に関するキーワード