『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの標準カメラの使い方、徹底解剖!!

iPhoneの標準カメラの使い方、徹底解剖!!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

iPhoneって標準のカメラに凄く気合を入れていますよね。画質の良さだけじゃなく、背景をボヤけさせて人物をクッキリ写す「ポートレート」機能や、美しい風景を余すことなく写せる「パノラマ」機能、太陽や空の雲などゆっくり動くものの時間をギュッと凝縮させる「タイムラプス」機能など多彩な機能があります。

カメラ機能、なんかたくさんあるけど使ったこと無い…って人もたくさんいると思います!そんな方のためにiPhoneのカメラの使い方、全て解説します!

Contents[OPEN]

まずは基本機能の使い方!コレをマスターすれば怖くない!

iPhoneカメラ画面の見方

iphone-camera

基本的にカメラの画面は共通です。上の写真の3番だけは「写真」機能でしか使えませんが、この画面の見方がわかれば他の機能なんて怖くないです!

それでは順番に使い方を解説していきます!

iPhoneカメラの基本その1「フラッシュ」機能の使い方を解説!

iphone-camera

1番のマークは「フラッシュ」です。このアイコンをタップすると[ 自動 オン オフ ]と出てきます。自動を選択していると辺りの明るさに応じて自動でフラッシュを焚いてくれます!

ただ、必要ないと感じている時でもフラッシュが光る場合があるので、一応気をつけましょう!

iphone-camera

「フラッシュ」がオンになっている時は、マークが黄色くなり、上部中央にフラッシュマークが出ます。フラッシュに弱い人などもいますので、しっかり確認してから撮るようにしましょう!

iPhoneカメラの基本その2「HDR」機能の使い方を解説!

「HDR」とは?

HDRは、High Dynamic Rabge(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略称で、普通に撮った写真よりも明暗の幅が広がっていい写真が撮れる機能です!

iphone-camera

「HDR」無し

iphone-camera

「HDR」有り

上の2つの写真をご覧いただけるとわかると思います。「HDR」無しの写真では空や建物の壁が白飛びしてしまっていますが、「HDR」有りの写真では青い空がキチンと写っています!

この様に色の明暗の幅を出してくれるのが「HDR」という機能なんです!

「HDR」の使い方

iphone-camera

HDR」も「フラッシュ」と同様に、自動とオンとオフを選べます。
ただし、「フラッシュ」と「HDR」は同時に使用出来ませんのでご注意ください!
iphone-camera
iPhoneの設定から「カメラ」→「通常の写真を残す」のスイッチをオンにすると、HDRで撮った写真と通常の写真の2つがカメラロールに保存されますので、こちらも活用しましょう!

iPhoneカメラの基本その3「Live Photos(ライブ フォトス)」機能の使い方を解説!

動く写真機能「Live Photos」は後述の「ポートレート」や「パノラマ」などでは使えない、「写真」専用の機能となっています!

iphone-camera

右の写真の様に「Live Photos」マークが黄色になっていると、動く写真が撮れます!

こんな感じです!

ポッポさん(@poppoapppoppo)がシェアした投稿


Live Photos」の詳しい情報はこちらからご覧ください。

「Live Photos」の使い方
「Live Photos」をロック画面に設定する方法

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。