『かわいい』が生まれる場所。

iTunesの使い方や設定方法をイチから徹底解説!【初心者必見】

iTunesの使い方や設定方法をイチから徹底解説!【初心者必見】

iTunesの使い方《バックアップ・同期編》

iTunesでは端末の同期やバックアップもできます。ちなみにバックアップと同期の違いは以下の通りです。

POINT

  • バックアップ:iPhoneのデータをパソコンに残しておくこと
  • 同期:iTunesのデータとiPhoneのデータを同じにすること

それぞれのやり方について、画像と合わせて解説します。

端末のバックアップ

まずは端末のバックアップのやり方です。パソコンと端末をUSBケーブルで接続すると、iTunesで端末に関する情報を閲覧できるようになります。「概要」のページを開いて「このコンピュータ」にチェックを入れた状態で「今すぐバックアップ」を選択しましょう。

今すぐバックアップ

するとバックアップを暗号化するかどうかを確認する画面が表示されます。バックアップを暗号化しないと機密データと呼ばれる部分のバックアップができないので、暗号化することをおすすめします。

バックアップを設定

パスワードを暗号化する場合は、パスワード入力画面が表示されます。任意のパスワードを入力して「パスワードの設定」を選びましょう。

パスワードを設定

続いて端末側の操作です。接続しているパソコンが本当に信頼できるのかを確かめるために、端末のパスコードの入力を要求されます。自分で決めたiPhoneのパスコードを入力しましょう。

iPhone側での操作

これで端末のバックアップが完了です。バックアップはできるだけ新しい状態を保っておきたいところ。手順はとても簡単なので、定期的にバックアップを取っておきましょう。

端末の同期

冒頭でも紹介しましたが、同期とは「iTunesのデータとiPhoneのデータを同じにすること」です。つまりiTunesの内容をiPhoneに上書きすることとなります。ここでは音楽データを同期する方法を見ていきましょう。

端末の同期のやり方

バックアップの時と同様に、パソコンと端末をUSBケーブルで接続します。その後、「ミュージック」「ミュージックを同期」の順に選択しましょう。画面中央に同期する音楽データを選択する画面が表示されます。全て選択すればすべての音楽データを端末に同期できますが、容量不足が心配な方は、よく聞く曲やプレイリストのみを同期することも可能です。

端末に同期する曲を選択したら「同期」をクリックします。あとは同期の完了を待つだけでOKです。

iTunesの使い方《ファミリー編》

iTunesは家族やカップルで音楽データを共有したり、子どもの課金や閲覧を管理する機能も搭載されています。ここからはファミリー編として、以下の2つを紹介します。

POINT

  • ペアレンタルコントロール
  • ホームシェアリング

聞きなれない用語かもしれませんが、知っておくととても便利な機能なので、この機会にマスターしておきましょう!

ペアレンタルコントロール

あまり聞き馴染みのない言葉の「ペアレンタルコントロール」、こちらは子どもが使う情報通信機器(スマホやパソコンなど)を管理・制限する機能のことです。

最近は塾の送り迎えや防犯上の理由で子どもがスマホを持つ機会も増えてきました。そこで、子どものスマホで見られる情報を制限することで、間違った課金や教育上良くない情報に触れることを制限できます。

従来のスマホやパソコンでは、ペアレンタルコントロールを利用するために「i-フィルター」や「ノートン ファミリー プレミア」などのサービスを併用する必要がありました。しかしiPhoneの場合はペアレンタルコントロールの設定が可能です。

さっそく設定方法を紹介します。まずは設定アプリを開きましょう。

設定アイコン

続いて、「スクリーンタイム」をタップします。

スクリーンタイム

「スクリーンタイムをオンにする」を選択。

スクリーンタイムをオンにする

すると以下の画面が表示されますので、「コンテンツとプライバシーの制限」を選びます。

コンテンツとプライバシーの制限

「コンテンツとプライバシーの制限」の右にあるボタンが緑であればONの状態、グレーであればOFFの状態です。ここをタップするとさらに細かい設定ができます。

コンテンツとプライバシーの制限をオン

iTunesの利用を制限したい時には、「インストール」や「App内課金」について設定を変更しておけば安心です。

範囲を選ぶ

スマホは手軽で便利だからこそ、子どもが利用するには大人のフォローが必要。ペアレンタルコントロール機能を設定して、子どもが安心してスマホを使える環境を整えたいものです。

ホームシェアリング

自分のお気に入りの曲を見つけた時に、親しい人と共有したい気持ちになりますよね。そんな時に便利なのがホームシェアリング機能です。ホームシェアリングとは、Wi-Fiで接続されているコンピュータやiPhoneでメディアを共有できる機能のこと。最大5台まで共有ができます。

ホームシェアリングを使うには、まずはパソコン側の設定が必要です。iTunesを開いて、「ファイル」「ホームシェアリング」「ホームシェアリングをオンにする」を選択します。

ホームシェアリングの設定

するとAppleIDとパスワードを入力する画面が表示されますので、自分の情報を入力します。そして「ホームシェアリングをオンにする」を選択してください。

ホームシェアリングをオンにする

「ホームシェアリングが有効になりました。」とメッセージが表示されたら完了です。OKを押してウィンドウを閉じましょう。

OKを選ぶ

続いて、ホームシェアリングを受け取る側の機器を操作します。今回はiPhoneのやり方を見ていきましょう。まずは設定を開きます。

設定アイコン

続いて「ミュージック」を選びましょう。

ミュージック

画面下部の「ホームシェアリング」にある「サインイン」をタップし、上記で使用したIDやパスワード情報を入力してください。

サインイン

これでシェアが完了です。試しにミュージックを開いてみると、以下のように「ホームシェアリング」という項目が追加されています。

ミュージック画面

繰り返しになりますが、この機能は同じWi-Fi環境内のみでの利用が可能です。家族やカップルで同じ情報を共有したい時などにぜひ活用してくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。