『かわいい』が生まれる場所。

Twitterアカウントがロックされた!?原因と解除方法を解説!

Twitterアカウントがロックされた!?原因と解除方法を解説!

Twitterで突然アカウントがロックされて困った経験はありますか?Twitterを普通に利用していたのになんでロックされてしまったのか分からないという人も少なくないようです。

アカウントがロックされてしまうと、ツイートやフォローなどが行えなくなってしまいますが、どうすればロックを解除してもらえるのでしょうか?

そこで今回は、アカウントがロックされる原因や解除方法を詳しく解説していくので、ロックされて困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Contents[OPEN]

Twitterのアカウントロックとは?

Twitterを利用していると、突然「このアカウントはロックされています。」というメッセージが表示されることがあります。

では、アカウントがロックされる原因や対処法を説明する前に、まずはTwitterのアカウントロックの意味や、凍結との違いを詳しく解説していきます。

アカウントのロックとは?

Twitterのアカウントがロックされると、「このアカウントはロックされています。」というメッセージが表示されてログインできなくなります。

そのため、普段行っている次の操作が行えなくなってしまいます。

  • ツイート
  • フォロー
  • RT(リツイート)
  • いいね

ですが、アカウントのロックは一時的にTwitterの利用を停止するものですので、電話番号やメールアドレスの認証などを行えば、ロックが解除されて再びTwitterが利用できるようになります。

「凍結」との違い

Twitterで迷惑行為を行ったり、ルールに違反してしまうと、アカウントがロックされたり、凍結されることがあります。

では、アカウントのロックと凍結の2つには、一体どのような違いがあるのでしょうか?

まず、アカウントが凍結されてしまった場合は、

  • ログインはできるが、ツイートはできなくなる
  • フォローとフォロワー数がゼロになって、フォローできなくなる
  • ユーザ名が変更できなくなる
  • 他のユーザがあなたのプロフィールにアクセスすると、「アカウントは凍結されています」と表示され、プロフィールやツイートが閲覧できなくなる

以上のような状況になります。

一方、アカウントがロックされた場合は、ツイートやフォローができなくなる点は凍結した場合と同じですが、他のユーザがあなたのアカウントにアクセスしても、アカウントがロックされている旨は表示されません。普通にプロフィールやツイートを閲覧することができますし、フォローやフォロワー数が変動することはありません。

また、凍結の場合はログイン自体は行うことができますが、ロックの場合はアカウントにログインできなくなります。

つまり、アカウントのロックと凍結の大きな違いは、

  • 自分のアカウントにログインできるか、できないか
  • フォロワーの数が変動するか、しないか
  • 他のユーザから見て異変が起こっているのを把握できるか、できないか

ということになります。

アカウントのロックなら解除は簡単

凍結には、「一時的な凍結」と「永久凍結」の2種類がありますが、アカウントを永久に凍結されてしまうと二度とそのアカウントを復活できなくなります。

通常の凍結であれば、異議申し立てなどを行えば凍結が解除されてアカウントが再び利用できるようになりますが、解除までには時間がかかってしまいます。

ですが、アカウントがロックされた場合は、電話番号やメールアドレス認証を行えばすぐに解除される場合がほとんどです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。