『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】リンゴループは修理するしかない?原因と対処法紹介!

【iPhone】リンゴループは修理するしかない?原因と対処法紹介!

皆さんは「リンゴループ」という言葉を知っていますか?

「リンゴ」というのはAppleのロゴのことを指すのですが、iPhoneユーザーなら誰でもリンゴループに陥ってしまう可能性があります。

リンゴループに陥ってしまうとiPhoneが起動しなってしまうため、早急に対処する必要があります。

そこで今回は、リングループに陥った時に考えられる原因や対処法を詳しく解説していきます。

【iPhone】リンゴループとは?

そもそも「リンゴループ」とは、どういった状態のことを指すのでしょうか?

まずは、リンゴループについて詳しく解説していきます。

リンゴループって何?

「リンゴループ」とは、iPhoneを起動させた時のリンゴマークが画面に表示されたまま、起動できない状態のことを指します。

ホームボタンを押してみて、画面をタップしてみても何の変化もなく、ずっと待っていてもホーム画面に移動してくれません。

そのため、リンゴループに陥ってしまうとiPhoneが使いものにならなくなってしまうのです。

なお、Appleではリンゴループの原因や対処法について見解を示してないため、はっきりとした原因は少々曖昧ですが、考えられる原因はいくつかあるのでそれは後ほど紹介します。

普段からこまめにバックアップを

iPhoneのリンゴループは、いつどういった原因で起きるか予想できません。

リンゴループに陥ってしまった時の自分でできる対処法はこれから紹介しますが、自分で対処しきれない場合は、専門の業者に修理を依頼する必要があります。

ただ、iPhoneを修理に出した場合、大切に保存していたデータは全て削除されてしまいます。

だからこそ、大切なデータを守るために、普段からこまめにバックアップを取っておくことが大切なのです。

【iPhone】リンゴループの考えられる原因

iPhoneがリンゴループに陥ってしまうのには、以下の7つの原因が考えられます。

ストレージ不足

リンゴループに陥ってしまったのは、iPhoneのストレージ容量が不足しているのが原因として考えられます。

ストレージ容量を圧迫するほど、写真や動画、アプリなどの大量のデータを保存していると、iPhoneを起動するのに必要なプログラムで使用する容量が不足し、それによってエラーを引き起こし、リンゴループに陥ってしまう可能性があるのです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。