『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】収益化する方法を徹底解説!審査に合格するには?

【YouTube】収益化する方法を徹底解説!審査に合格するには?

「YouTuber」は、俗にクリエイターと呼ばれ、動画をクリエイトして視聴者に動画を提供しています。

そんなクリエイターは、様々な審査を通過して、動画投稿によって収益を得ることに成功しています。

今回は、その収益化の条件やメリットなどを紹介していきます。

Contents[OPEN]

【YouTube】収益化とは?

YouTubeの収益化とは、クリエイターがYouTube上で投稿した動画に対してYouTubeの運営が正当な評価をしたうえで、有効化できる機能です。

この機能がなければ、クリエイターがYouTubeにいくら動画を投稿しても収益は発生しません。

YouTubeの収益化とは?

YouTuberは様々な形で収益を受け取ることができます。

「広告収益」「チャンネルメンバーシップ」「グッズ販売」「Super ChatとSuper Stickers」「YouTube Premiumの収益化」などです。

それぞれの機能には、チャンネル登録者数や視聴回数に条件に加えて異なる資格要件があるようです。

この資格の審査担当者によってチャンネルや動画が要件を満たしていないと判断された場合は、機能を有効化することができない場合があります。

審査に通過すれば広告で収益化できる

YouTubeのパートナープログラムに参加している場合は、動画に広告を掲載して収益化することができるようです。

このYouTubeのパートナープログラムに申し込みするときにチェックするリストは、「自分のチャンネルがYouTubeのポリシーとガイドラインを遵守していることを確認する」などがあります。

しかし、YouTubeパートナープログラムに参加していても、広告掲載に適していない動画は広告を掲載することができません。

【YouTube】収益化審査を受ける前に確認しよう!

出典:YouTubeヘルプ

YouTubeの収益化を有効にするには、YouTubeの運営に収益化を受ける基準を満たしているのか審査をおこなってもらう必要があるようです。

収益化の審査には様々な項目が用意されているようなので、その項目と基準を紹介していきます。

年齢が18歳以上か

出典:YouTubeヘルプ

収益化機能の「広告収益」「チャンネルメンバーシップ」「グッズ販売」「Super ChatとSuper Stickers」には、要件があります。それは、年齢が18歳以上であることです。

これを満たしていなければ、収益化の審査を通ることができません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。