スマホで見つける、もっと可愛い私

スマホとUSBメモリでデータ転送する方法。認識しないときの対処法も

スマホとUSBメモリでデータ転送する方法。認識しないときの対処法も

みなさんは、普段どのようにスマホのデータ転送をしていますか?

スマホから他の端末にデータを送る方法の1つにUSBメモリを使う方法があります。

今回は、USBメモリでデータを送る方法をみなさんにご紹介していきますね。

また、USBメモリを使うときのメリット・デメリットもお話ししていくので参考にしてみてくださいね。

Contents[OPEN]

スマホからUSBメモリにファイル転送する方法【iPhone】

まずは、iPhoneでUSBメモリを使用する方法についてご紹介していきます。

USBメモリ(iPhone)

iPhoneでは、クラウドサービスやiTunseを使ってデータ転送している人が多いのではないでしょうか。

意外と知られていませんが、実はUSBメモリを使って送ることもできるんですよ。

では、どのように移していくのか見ていきましょう。

Lightningコネクタ搭載USBメモリ対応のアプリをインストール

Lightningコネクタとは、iPhoneに充電器を挿し込む部分のことです。

充電ケーブルのことはLightningケーブルと呼ばれていますよね。

iPhoneでは、USBメモリを利用するために本体に専用アプリを入れる必要があります。

利用するUSBメモリによって対応しているアプリは違うので、確認してからダウンロードしてくださいね。

必要なアプリについては、使うUSBの説明書に記載されています。

iPhoneとUSBメモリを接続しアプリを起動

USBメモリを使うときは、アプリを起動する前にUSBメモリをiPhoneに接続するようにしてください。

理由としては、先にアプリをつけてからUSBメモリを接続すると、アプリがそのUSBをうまく認識してくれない場合があるからです。

また、場合によってはUSBメモリが壊れてしまったり、エラーを起こしてしまうなどのトラブルに繋がってしまうので気をつけましょう。

外部ストレージをタップし転送したいファイルを選ぶ

USBメモリを接続し、アプリで認識することができたら保存しておきたいファイルを選んでいきます。

操作は全部アプリ内で済むので、簡単に転送することができますよ。

その中で保存することができるだけでなく、アプリ内の操作でファイル分けすることができるものもあります。

また、不要になったデータはそこから削除することも可能です。

全ての操作がiPhone内で完了するのは便利ですよね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。