『かわいい』が生まれる場所。

【パソコン版Google ドライブ】サービスと容量が魅力!使い方は?

【パソコン版Google ドライブ】サービスと容量が魅力!使い方は?

「パソコン版Google ドライブ」を知っていますか?

名前だけは聞いたことがあるけれど、詳しくは知らない人が多いのではないでしょうか。

今回は、このサービスについてご紹介していきます。

クラウドを日頃利用している人であれば、知って得するサービスなので、チェックしてみてくださいね。

Contents[OPEN]

【パソコン版Google ドライブ】を使う前に

パソコン版Google ドライブがどのようなものなのか、知らない人も多いでしょう。

まずは、簡単に機能などをご紹介していきます。

パソコン版Google ドライブとは?

パソコン版Google ドライブは、Googleが提供しているクラウドサービスの機能です。

少し前まで、ドライブファイルストリームという名前でした。

みなさんがよく知っているGoogleのクラウドサービスといえば、「Googleドライブ」だと思います。

パソコン版Google ドライブは、そのGoogleドライブのアクセス方法の1つなのです。

通常だと、「バックアップと同期」でデータをクラウド上に保存して、使ったり見たりしたいときには、ブラウザやアプリを使っている人が多く、それ以上の操作を知らないことがほとんどでしょう。

しかし、「バックアップと同期」ではできないことが「パソコン版Google ドライブ」ではできます。

一般的に使われている頻度は少ない機能ですが、それぞれ特徴があるので、どちらの保存の仕方が自分には合っているのかチェックしてみてください。

Googleドライブの「バックアップと同期」との違いは?

「パソコン版Google ドライブ」ではできて、Googleドライブの「バックアップと同期」ではできないことが4つあります。

  • 共有ドライブ内のファイルを使う
  • マイドライブの個別のファイルのみを同期する
  • Microsoft Officeでリアルタイムプレゼンスを使って編集しているユーザーを確認する
  • Microsoft Outlook、Meetのスケジュールと連携する

職場や学校のGoogleアカウントでは、使えるかどうかまだ未定です。

次は逆のパターンについて見ましょう。

「パソコン版Google ドライブ」でできないことは3つです。

  • フォルダを同期する
  • 個人のGoogleアカウントで使用する(Gmail以外のIDを設定しているアカウントを使う)
  • 写真と動画をGoogleフォトにアップロードする

先ほどもお話ししましたが、ストリーミングで閲覧するようになるので、同期することはできません。

また、今使っているアカウントIDがGmail以外のアドレスであれば、この機能は使うことができないので注意が必要です。

料金や容量は?

Googleドライブで「バックアップと同期」は15GBまでであれば、無料で使えます。

しかし、「パソコン版Google ドライブ」は月額料金が発生するので注意が必要です。

基本の料金プランは3種類あります。

POINT

  1. Basic:680円
  2. Business:1,360円
  3. Enterprise:3,000円

プランによって使えるサービスが変わります。

また、クラウドの容量も違い、Basicでは30GB・BusinessとEnterpriseでは無制限で使えます。

BusinessとEnterpriseでは、そのクラウドを5人未満で利用する場合は上限があり、1人あたり1TBまでになっています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。