スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう

Apple IDの住所登録は2箇所!引越ししたら忘れずに変更しよう

App StoreやiCloudなどのAppleのサービスを利用するのに必要不可欠な「Apple ID」。

Apple IDには「請求先」と「配送先」の2種類の住所がありますが、引っ越した場合は両方とも住所を変更する必要になります。

実際に住所とApple IDの登録住所が異なっていると、思わぬトラブルの元にもなりかねないので、引っ越したら忘れずに変更しましょう。

今回は、Apple IDの住所を登録・変更する方法や、変更できない時の対処方法について解説していきます!

【Apple ID】住所の登録・設定方法をおさらい

まずは、Apple IDの住所を登録・設定する方法や注意点を改めておさらいしておきましょう!

住所には「請求先」と「配送先」の2種類ある

Apple IDには、「請求先住所」と「配送先住所」の2種類の住所があります。

住所には「請求先」と「配送先」の2種類ある

「請求先住所」というのは、App StoreやiTunes StoreなどAppleのサービスで何かを購入する時に必要となる住所のことです。

こちらの住所はApple IDを作成する時に必ず設定しなければならないものです。

「配送先住所」というのは、Apple Storeで購入した商品の届け先となる住所のことです。

こちらの住所はApple Storeを利用する場合は登録が必要ですが、利用しないのであれば登録は必要ありません。

設定手順(iPhone・iPad)

iPhone・iPadで住所を設定する時の操作手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 一番上に表示されているユーザー名をタップ。
  3. 「支払いと配送先」をタップ。
  4. Face IDやTouch IDなどで認証を行う。
  5. 「配送先住所を追加」をタップ。
  6. 住所を入力したら、画面右上の「完了」をタップ。

これで設定完了です。

設定手順(Mac)

Macで住所を設定する時の操作手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 画面左上のAppleメニューをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. 「Apple ID」をクリック。
  4. 左サイドバーで「支払いと配送先」をクリック。
  5. Apple IDのパスワードを入力。
  6. 「配送先住所を追加」をクリック。
  7. 住所を入力したら、画面右上の「更新」をクリック。

これで設定完了です。

数字・ハイフンは半角入力!

Apple IDに住所を登録する時、住所に含まれる数字やハイフンは必ず半角で入力して下さい。

数字やハイフンを全角で入力すると、「住所に無効な文字が含まれています。」というエラーメッセージが表示されて登録を受け付けてもらえないので注意して下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。