スマホで見つける、もっと可愛い私

【iCloud】写真を同期する方法は?マイフォトストリームも解説!

【iCloud】写真を同期する方法は?マイフォトストリームも解説!

クラウド上に写真を保存できるサービス「iCloud」。

iPhoneを使っている人の中には、「iPhoneの写真と動画を他の携帯やパソコンと同期する方法を知りたい」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、iCloudを使って、他のデバイスとデータを同期する方法をわかりやすく解説します。

同期できないときの対処法も併せて紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

Contents[OPEN]

【iCloud】写真を同期する前に!知っておきたいこと

iCloudを使って写真を同期する前に知っておきたいことがあります。ここでは、iCloudの基本的な知識を理解しておきましょう。

写真を同期する2つの方法!

iCloudには、「iCloud写真」と「マイフォトストリーム」という写真を保管する方法が2つあります。

どちらも「撮った写真をオンラインにアップロードして、他の端末でも閲覧・共有することができる」という点は同じです。

しかし、機能の目的や、対応しているデバイス・形式に違いがあります。

iCloud写真とは

iCloud写真は、自動的に新しい写真をアップロードしてすべてのiCloudデバイスにそれらを「保存する機能」です。写真と動画を「保存する」ことを目的で使用されます。

iCloud写真の特徴をまとめると、以下のとおりです。

iCloud写真の特徴

  • iCloudの容量を消費する
  • iCloudの容量分、何枚でも写真・ビデオを保存できる
  • オリジナルの形式・フル解像度で保存できる
  • 「ストレージを最適化」を有効にすると、デバイス上の容量を節約できる
  • 編集した内容はiCloudに自動保存され、更新される

マイフォトストリームとは

マイフォトストリームは、自動的に新しい写真をアップロードし、すべてのiCloudデバイスにそれらを「アクセスできるようにする機能」です。写真と動画を他のデバイスから「閲覧する」ことを目的で使用されます。

マイフォトストリームの特徴は以下のとおりです。

マイフォトストリームの特徴

  • iCloudの容量を消費しない
  • 過去30日分または最大1,000枚の写真をアップロードできる
  • 解像度を抑えたデータを保存できる(iPhone、iPad、iPod touchの場合)
  • フル解像度の写真を保存できる(Mac、PCの場合)
  • 編集した内容はiCloudに保存されない

iCloud写真とマイフォトストリームの比較

iCloud写真とマイフォトストリームは、対応しているデバイス・ファイル形式にも違いがあります。

それぞれを比較したものを表にまとめてみました。

対応しているデバイス

対応しているデバイスは、以下のとおりです。

iCloud 写真 マイフォトストリーム
Mac Mac
iPhone iPhone
iPad iPad
iPod touch iPod touch
Windows パソコン Windows パソコン
Apple TV HD Apple TV HD
Apple Watch

引用:Apple サポート

上記を見てみると、マイフォトストリームの方は、Apple Watchに対応していないことが分かります。

対応しているファイル形式

対応しているファイル形式は、以下のとおりです。

iCloud写真

GIF、JPEG、HEIF、HEVC、MP4、PNG、RAW**、TIFF

マイフォトストリーム

JPEG、PNG、TIFF、ほとんどの RAW 形式

引用:Apple サポート

マイフォトストリームでは小さめの解像度で保存されますが、iCloud 写真ではフル解像度で保存できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。