スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPadは使用できません】パスワードを連続で間違えたときの解除方法を紹介!

【iPadは使用できません】パスワードを連続で間違えたときの解除方法を紹介!

ロックをかけているiPadを操作するには、パスワードを入力してロックを解除する必要があります。

ですが、何度もパスワードを間違えてしまうと「iPadは使用できません」と表示されて、一定時間操作ができなくなります。

そこからさらに間違えてしまうと、最悪iPadが完全に使用できなくなってしまう可能性も。

そこで今回は、「iPadは使用できません」と表示された時の解除方法をご紹介していきます。

慌てず落ち着いて対処していきましょう。

端末のデータが失われる可能性があるので操作は自己責任で行ってください。

Contents[OPEN]


【iPadは使用できません】パスワードを間違えた!

まずは、なぜ「iPadは使用できません」と表示されるのか、表示された時はどのように対処すれば良いのか説明していきます。

連続で何度も間違えると表示される

「iPadは使用できません」は、iPadのロックを解除するためのパスワードを連続で何度も間違えた時に表示されます。

このメッセージが表示されると、一定時間パスワードの入力ができなくなり、ロックを解除できなくなります。

なお、以下の表の通り入力ミスの回数が多いほど、iPadを操作できない時間が長くなっていきます。

入力ミスの回数 操作できない時間
6回 1分間
7回 5分間
8回 15分間
9回 60分間
10回 60分間

このように、入力ミスの回数が10回までならロック解除のチャンスがまだ残されているのですが、11回以上間違えた場合は注意が必要です。

ちなみに、正しいパスワードを入力すれば、入力ミスの回数はリセットされます。

11回入力を間違えたら再入力できなくなる

iPadのロックを解除する時、パスワードを何度も間違えて「iPadは使用できません」と表示されても、10回までなら時間を空けることでパスワードを再入力することができます。

しかし、入力を11回連続で間違えてしまうと、iPad内部のデータが全て消えてしまい、iTunesに接続しないと永久に使用できなくなってしまいます。

使用可能な状態に戻すためには、iPadをiTunesに接続して復元する必要があります。

この状態に陥るとiPadは全く操作できなくなるため、iPadの「設定」にある「すべてのコンテンツと設定を消去」で復元することはできません。

なお、復元とはiTunesのデータをiPhoneに上書きすることなので、iTunesでバックアップを一度も取っていなかった場合は工場出荷時の状態に初期化されます。

【iPadは使用できません】リカバリーモードで復元しよう

パスワードを11回以上間違えてiPadが使用できなくなった場合は、iPadをリカバリーモードにした後にiTunesに接続して復元する必要があります。

ここでは、リカバリーモードを起動する時の操作手順や復元方法について詳しく解説していきます。

リカバリーモードとは?

「リカバリーモード」とは、iOSの起動プログラムを使用して、iOSのアップデートや修復を行うモードのことです。

iOSの不具合が原因でリンゴループなどの重大なエラーが起きている時、パスワードを忘れて端末のロックを解除できなくなった時に利用する復元方法です。

なお、リカバリーモードを実行すると端末内のデータは初期化されるため、データを取り戻すにはバックアップからの復元が必要となります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。