スマホで見つける、もっと可愛い私

iCloudへ接続・サインインできない!スマホ・PCでの対処法!

iCloudへ接続・サインインできない!スマホ・PCでの対処法!

Contents[OPEN]


信頼されているデバイスで「設定」から入手する

信頼されているデバイスで確認コードが画面に表示されない場合は、「設定」から手動で確認コードを入手することができます。

まずは、iOS端末の「設定」から入手する手順を見ていきましょう。

「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

一番上に表示されている自分の名前をタップしましょう。

自分の名前をタップ

「パスワードとセキュリティ」をタップして下さい。

「パスワードとセキュリティ」をタップ

「確認コードを入手」をタップします。

「確認コードを入手」をタップ

「確認コードを入手」をタップすると画面上に確認コードが表示されるので、それを入力してiCloudにサインインしましょう。

確認コードが表示

Macの場合は、「システム環境設定」から入手できます。

Macで入手する場合

  1. Appleメニューをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. 「Apple ID」をクリック。
  4. 「パスワードとセキュリティ」をクリック。
  5. 「確認コードを入手」をクリックして確認。

参照:Appleサポート

テキストメッセージで取得する

信頼されているデバイスが手元にない場合は、Apple IDに登録されている電話番号を使って確認コードを受信できます。

受信方法はSMS・音声通話の2種類あります。

操作手順

  1. 確認コードの入力画面で、「確認コードが届いていない場合」をタップ。
  2. 確認コードの受け取り方法を選択。

参照:Appleサポート

選択した方法で確認コードが送られてくるので、それを入力してiCloudにサインインして下さい。

【iCloud】接続できない!アプリからサインインできない!

他社製のアプリでApple IDにサインインしようとした時にできない場合は、これからご紹介する対処法を試してみて下さい。

App用パスワードを作ろう!

Apple以外の他社製のアプリでiCloudにサインインするには、「App用パスワード」が必要になります。

「App用パスワード」が必要

このApp用パスワードは、「Appleアカウントの管理」にサインインすれば作成できます。

なお、Apple IDで「2ファクタ認証」を設定されていないと作成できないので、まだ設定していない方は「2ファクタ認証」の設定を先に行って下さい。

App用パスワードの作成手順は以下の通りです。

ブラウザを開いたら、「Appleアカウントの管理」にアクセスします。

Appleアカウントの管理にアクセス

Apple IDにサインインしたら「セキュリティ」をタップしましょう。

「セキュリティ」をタップ

「App用パスワード」の「パスワードを生成」をタップして下さい。

「パスワードを生成」をタップ

ラベル(App用パスワードを使用するアプリ名など)を入力したら「作成」をタップ。

ラベルを入力

セキュリティ保護のため、Apple IDのパスワードを入力して「続ける」をタップ。

Apple IDのパスワードを入力

すると、App用パスワードが自動的に作成されるので、これを使ってApple IDにサインインして下さい。

App用パスワードが自動的に作成

App用パスワードを管理しよう!

作成したApp用パスワードは、「Appleアカウントの管理」で確認・削除ができます。

作成済みのApp用パスワードを確認・削除したい場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

ブラウザを開いたら、「Appleアカウントの管理」にアクセスします。

Appleアカウントの管理にアクセス

Apple IDにサインインしたら「セキュリティ」をタップしましょう。

「セキュリティ」をタップ

「App用パスワード」の「履歴を表示」をタップして下さい。

「履歴を表示」をタップ

「続ける」をタップすると、作成済みのApp用パスワードが一覧で表示されます。

パスワードを個別で削除したい場合は「×」ボタンをタップ、一括で削除したい場合は「すべてのパスワードを消去する」をタップしましょう

「履歴を表示」をタップ

確認画面が表示されたら「消去」をタップして下さい。

「消去」をタップ

これで削除完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。