スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】通知の基本の操作方法を解説!おすすめ設定も紹介

【Apple Watch】通知の基本の操作方法を解説!おすすめ設定も紹介

Apple Watchを付けて過ごしていると、あまりの便利さから普通の腕時計にはもう戻れないという考えになっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなApple Watchの通知に関する操作方法についてご紹介していきます。

Contents[OPEN]

Apple Watchの通知について

Apple Watchは自分のiPhoneと連携させているため、通知が画面にでてくるようになります。

Apple Watchを使っていたとしても、iPhoneに入っているAppの通知がすべて配信されるというわけではありません。

届くものもあれば、iPhoneにしか通知が届かない場合もあるようです。

ここからは、Apple Watchの通知について説明していきます。

通知はiPhone・Apple Watchのどちらかに届くよ

購入しようか迷っている方の中には、iPhoneとApple Watchどちらにも通知が届き、面倒くさいかもしれないと考えている方も多いのではないでしょうか。

iPhoneとApple Watchを連携すると、どちらにも配信されるのではなく一方にだけ届くようになっています。

iPhoneに通知が届くのとApple Watchに通知が届くのでは、どのような違いがあるのでしょうか。

Apple Watchに通知が届く条件は?

自分が普段使っているiPhoneよりも、優先して通知が届くときは、スマホがロック状態になっていたりスリープ状態になっている場合です。

通知表示画像

出典:Appleサポート

Apple Watchもパスワードでロックされているのであれば、表示されることはありません。

iPhoneを頻繁に開かないという方は、自分の腕を見るだけで便利に通知を確認することができます。

常にiPhoneを触っていて、移動中でも動画を見ていたりTwitterを開いているという方は、iPhoneへ来るようになるので、あまり腕に付けているApple Watchを見ることがありませんよね。 

iPhoneに通知が届く条件は?

通知がいくようになる条件は、自分がiPhoneを使用している、つまりロックが解除されている場合です。

移動中は常に触っていたりアプリゲームを頻繁にしている場合、Apple Watchに通知は来ません。

どのようなときに通知がいくのか知っておくことで、上手に使い分けられるでしょう。

ノイズAppなど一部のものはApple Watch専用となっているため、iPhoneに通知が届かないようになっているものもあるため注意してください。

Apple Watchで通知を閉じるとiPhoneにも反映される

スマホにロックをかけているときはApple Watchに通知が届き、赤い通知のアイコンが表示されます。

元々iPhoneにも同じような通知の表示がありますが、その通知を閉じたことが自分のスマホにも反映して通知を見たことになるようです。

通知の内容を覚えていたり、Apple Watchで完結するのであれば通知は消してもいいですが、iPhoneで操作しなければいけないような内容の場合は、すぐに消すのはやめましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。