スマホで見つける、もっと可愛い私

iTunes Store決済とは?請求先・購入履歴などを解説!

iTunes Store決済とは?請求先・購入履歴などを解説!

Apple IDを持っている方は、「iTunes Store決済」というApple IDを経由する支払い方法で決済することができます。

iTunes Store決済は、iTunes StoreやApp StoreなどのAppleのサービス、iTunes Store決済対応の他社のサービスで利用できます。

今回は、iTunes Storeの請求先・購入履歴の確認、支払い方法の変更方法について解説していきます!

Contents[OPEN]


iTunes Store決済ってなに?

まずは「iTunes Store決済」とは何なのか?について詳しく見ていきましょう。

iTunes Store決済とは?

「iTunes Store決済」とは、Apple IDを経由して支払う方法のことを言います。

iTunes Store決済を使うには、Apple IDに支払い方法を登録しておく必要があります。

iTunes Store決済とは?

Apple IDに登録できる支払い方法は以下の通りです。

  • クレジットカード・デビットカード(Diners Club、JCB、VISA、MasterCard、American Express)
  • キャリア決済(docomo、au、SoftBank)
  • iTunesギフトカードなどでチャージしたApple ID残高

Apple IDに支払い方法を登録すれば、iTunes StoreなどのAppleのサービスやiTunes Store決済に対応している他社のサービスでの購入代金を、iTunes Store決済を利用して支払うことができます。

購入履歴の確認や支払い方法の変更ができるよ!

iTunes Store決済で購入したアイテムの履歴確認や支払い方法の変更は、以下の方法で行うことができます。

  • iPhone・iPad・iPod Touchの「設定」アプリ
  • Macの「ミュージック」アプリ
  • Windowsの「iTunes」

【iTunes Store決済とは】購入した後の請求について

iTunes Store決済を使ってアプリや音楽などのアイテムを購入すると、Apple IDに登録されている支払い方法に請求がいきます。

ここでは、購入した後の請求について解説していきます。

支払い方法は優先順位があるよ!

Apple IDには、クレジットカードやキャリア決済、iTunesギフトカードなどでチャージしたApple ID残高など複数の支払い方法を利用できます。

複数の支払い方法を利用できる場合、どの支払い方法が優先されるのか気になりますが、Apple IDでは決済のたびに支払い方法を選択するわけではなく、あらかじめ設定されている優先順位で決済が行われます。

「お支払い方法を管理」を開くとApple IDに登録されている支払い方法が一覧で表示されますが、購入代金は一番上の支払い方法から順番に請求がいきます。

購入代金は一番上の支払い方法から順番に請求がいく

一番上の支払い方法に問題がある場合はその下の支払い方法というように、上から順番に支払い方法が選択されます。

この優先順位は「編集」をタップしたあと、「三」のアイコンを長押ししたまま動かすことで変更できます。

優先順位は変更できる

ただし、iTunesギフトカードなどでチャージしたApple IDの残高のみ優先順位が自動的に1位になります。

クレジットカードやキャリア決済よりも優先順位を下に設定することはできません。

Apple ID残高が足りない場合は、Apple ID残高の下に表示されている支払い方法に請求がいきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。