スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】リンゴループの原因は容量不足?対処法や修理店を紹介!

【iPhone】リンゴループの原因は容量不足?対処法や修理店を紹介!

みなさんは「リンゴループ」という言葉を聞いたことがありますか?

「リンゴループ」とは、iPhoneを起動したときに表示されるリンゴマーク(Appleのロゴ)の画面のまま先へ進めなくなる状態のことを指します。

リンゴループが起こる原因はいくつかありますが、原因によっては修理しなくても自力で対処できる場合もあります。

今回は、iPhoneでリンゴループが起こる原因・対処法について解説していきます!

【iPhone】使用時間をスクリーンタイムから確認する方法を解説
iPhoneの便利機能「背面タップ」が便利すぎるよ!設定方法や設定したいオススメの機能ご紹介♪

【iPhone】リンゴループの原因は?

iPhoneでリンゴループが起こる原因としては、大きく以下の3つが挙げられます。

  • iPhoneの容量不足
  • iPhoneのアップデートに問題がある
  • iPhoneの故障

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【iPhoneとパソコン】「このコンピュータを信頼しますか?」とは

iPhoneの容量不足

iPhoneのストレージに多数のデータ・アプリが保存されていて空き容量が不足していると、それが原因となってリンゴループが発生することがあります。

以下のメッセージが表示された場合、ストレージの空き容量が残り少ない状態なので、不要なデータ・アプリを削除して空き容量を増やす必要があります。

  • iPhoneのストレージがいっぱいです
  • ストレージの空き領域がありません
  • 写真を撮影できません

空き容量が不足すると、リンゴループのほかにも以下のような現象が起こりやすくなるので、日ごろからストレージの容量には余裕を持たせておきましょう。

  • データの保存・アプリのインストールができない
  • iOSのアップデートができない
  • iPhoneの動作が重くなる
  • アプリが強制終了する

iPhoneのアップデートに問題がある

iPhoneに搭載されている「iOS」というソフトウェアは、定期的にアップデートが行われます。

アップデートによって最新機能の追加や不具合・バグの修正、セキュリティの強化などが行われますが、何らかの原因でアップデートに失敗してしまうとリンゴループが起こり、iPhoneが起動できなくなることがあります。

iOSのアップデートに失敗する原因としては、大きく以下の3つが挙げられます。

  • アップデート中にバッテリーが切れた
  • アップデート中にネットの接続が切断・不安定になった
  • 容量不足でアップデートに必要なファイルをダウンロードできなかった

iOSをアップデートするときは、自宅のWi-Fiなど安定した通信環境で容量を確保・電源に接続して行うようにしましょう。

iPhoneの故障

iPhoneを落としてしまったあとや水をかぶってしまったあとにリンゴループが起こった場合、iPhone本体が故障してしまった可能性が高いです。

iPhone本体の内部基板には重要な部品が組み込まれていますが、落下や水没によって基板が破損してしまうと、リンゴループが起こってホーム画面まで辿り着けない・電源すら入らないといった症状が表れる場合があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。